おはようございます、
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

Good morning.
This is Kurama Tengu.( ̄▽ ̄)b

平等院鳳凰堂55

私は観光地の写真を撮りに行った際に、人混みをかき分けて写真を撮ることに夢中になって、現地の生の景色を十分に楽しめていない時が多いです。でもカメラの中に収めているので大丈夫。あとでパソコンの画面で撮ってきた写真を何度も見返して反すうしています。

しまいにはこのようなサイトに補正した写真を掲載しては更に何度も楽しむ。皆さんにも見てもらう。まさに道楽・・・怒られそう(^_^;)

When I go to take photos at tourist attractions in Kyoto, I am so enthusiastic about taking photos pushing through the crowd that I cannot have time to fully enjoy the actual landscapes there in many cases. However, I think it’s OK as I took the photos. I recall the scenes by viewing the photos in my PC repeatedly after that.
In the end, I enjoy further many times after posting the photos on the site like this and
have them seen by people. It is just my hobby… I might be scolded. (^_^;)

ラーメンでもそうですよね。
正直に言いますと、初めて入ったラーメン屋で落ち着いてラーメンの味を楽しむなんて、なかなか出来ません。緊張感の中で一杯のラーメンを食べ終えたら、ラーメンの味なんてその日のうちに忘れてしまいます。

It can be said as for Ramen.
To be frank, it is not easy to enjoy the taste of the Ramen relaxing in the Ramen shop where I visit for the first time. I forget the taste of the Ramen within the day after I finish eating a cup of Ramen under the feeling of pressure.

でも、それを写真を撮っておくと、写真とラーメンの記憶が結び付けられて、いつ写真を見てもこのラーメンこううだったなぁとか、このお店ああだったなぁとか思い出せたりします。と同時に、美味しかったラーメンの味を思い出して、また行こうと思ったりします。

インスタに食べ物の写真を載せている人の気持ちもそんな感じなんじゃないでしょうか。良い記憶は写真に残しておきたいですよね(^_^)v

However, the picture I took recalls my memory and whenever I look at the picture, I remember this Ramen is as such and the shop is as such. At the same time, I think I would like to go there remembering the good taste of the Ramen.

I think people who post the photos of food in the Instagram feel like this. You want to leave good memory in the photos, don’t you? (^_^)v

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集