「あんじょう」って意味分かりますか?
割とご年配の人が使う言葉ですが、「あんじょう」というのは具合良く上手くやっておいてください、という意味です。

【例】
京都弁「あんじょうやっといて、たのんますわ。」
標準語「上手いことやっておいて、頼みます。」

京都弁「あんじょうよろしゅうにゆうといておくれやす。」
標準語「上手によろしく言っておいてください。」

鳥獣戯画

最近の言い回しですと、「いい感じにやっておいて」「いい感じに言っておいてください」という意味と同じです。

国語辞典によりますと、「あんじょう」は
「味よく」→「味よう」→「あんじょう」
と変化したとされています。

うちの父と祖父は京都出身なので、この「あんじょう」をよく使います。くらま天狗の年代になると使う人は少ないですね。古典落語の世界では当たり前に使われていますけど。

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集