前編:人々の、いのちを守る羅城門(らいせいもん)

「空也さま、はやくはやく」
晴れ渡った空の下、幼い童女に手をひかれ、私はいっしょに駆けだしている。
「こっちだよ」
その表情に、満面の笑みを浮かべながら。
と、童女は走るのをやめて立ち止まり、その壮麗な門を指さして言った。
「ここだよ」

おおぉ、ここか。やはり素晴らしいな、いつ見ても。

私は指さされた巨大な門を前に、思わず感歎の声をもらしてしまった。

晴天の羅城門

見よ、このすばらしき壮麗さを。二重の閣の入母屋造のそれは、七間五戸(横幅が添塀を含め約八十m、奥行きが二十一m、高さが二十四m)もの圧倒的巨体をこの大地に据えつけて、すべてのわれらの眼前に聳え立っている。そしてその巨体は、何本も立つ朱塗りの柱によってしっかりと下から支えられている。

この圧倒的な巨大さ。そしてほかには類を見ない、この壮麗な佇まい。いつ何時も、それは都の威容を象徴する門として、私たちの眼前に聳え立っている。

さらに・・・・・。

門の頭上に目を移せば、巨大な瓦葺の屋根が、壮大に軒を列ねているのが見える。そしてその屋根の両端を飾る鴟尾(しび)は、天より降り注ぐ陽の光を受け、燦燦と黄金にひかり輝いている有様だ。

この門は、今日も変わらず京の都の中央路、朱雀通りの南端に、どんと構えて聳え立つ。静かに、そして、厳かに。都に住まう人々の、いのちを守り抜いてくれる、巨大な羅城の門として、威風堂々とそこに立つ。

羅城門の「羅城」とは本来、都城制において「外敵の侵入を防ぐために都市を囲んだ城壁」のことだ。そしてそこに開かれた門が羅城門と呼ばれていたのである。しかし、かつての唐の都長安のように、外敵の脅威にさらされることのなかったこの国では、壁の代わりに門だけが造られたのだ。
燃える炎(災害のイメージ)

都に住まう人々の、いのちや暮らしを戦火や疫病から守る。

羅城門はそんな精神的な象徴として建てられているのだという。「羅城」なくして住民の、暮らしといのちを守るという強い思いを込め、門にのみその機能を果たすべく仮託し、「羅城門」と名づけられた、そういわれている。

羅城門、その本質はつまるところ、都の守り神であるということになろうか。この門によって造り出される空間は、都の内と外が接触する場、神や鬼と出会う異界に接する場と呼ばれている。故に都の貴族たちは、羅城門それ自体を都の外からやってくる敵(すなわち疫病や戦渦など様々な災厄)をくい止める巨大な「賽の神」や「守宮神」に見立て、そこで国家安泰を祈願する儀礼(大嘗会と仁王会に関する法会・祭事)などを行ったりしているのだ。

こうした儀礼を行うことで、国家に仇なすモノ〈物・霊・鬼の類〉どもを、ガランドウの聖なる空間たる門の楼上に封じ込め、それと同時にその底知れぬ破壊的な〈力〉を逆手にとって、外より来たるであろう見えざる敵から都を守るのである。

この場所にもう一人、私が助けなければならない人がいるのだ。急がなければ。

私は〈人々の、命を守る羅城門〉を前に、苦しみ生きるその人を助ける決意を固めるのであった。

「後編:笑顔の出会い」へとつづく。

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集