おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

本日は「よろしおす」という言い回しについて思うところを書いてみようと思います。

Good morning!
This is Kurama Tengu( ̄▽ ̄)b.

I’d like to write about the wording of “yoroshiosu” today.

京ことば→よろしおす
標準語→いいです

京ことば→よろしぃおます
標準語→いいです

Kyoto language → Yoroshiosu
Standard language → It’s OK.
Kyoto language → Yoroshiiomasu
Standard language → It’s OK.

なんとなく自分の感覚では「よろしぃおます」は商売人風というか大阪人風みたいに聞こえますが、逆に「よろしおす」と言うと花街の女言葉みたいに聞こえてしまいます。それで使うのをためらうのですが、「おます」と言うよりはシックリ来るような気がします。

What I feel somehow is that I feel “yoroshiiomasu” like merchant style or Osaka people style, but on the other hand, I feel “yoroshiosu” like the female language in Hanamachi.
So, I hesitate to use the wordings, but I think it fits for me than saying “omasu”.

語尾に「~な」を付けた場合、
「~おす」→「よろしおすな」
「~おます」→「よろしぃおまんな」

When adding “na” at the end of the sentence,
“osu” → “yoroshiosuna”
“omasu” → yoroshiiomanna”

「よろしぃおまんな」は標準語を聞き慣れている耳にはやや卑猥な響きがあるのも気になるところです。「よろしおすな」の方がシックリきますね。

でも実際のところ、「よろしおすな」はうちの近所では使う人少ないです。「いいですねぇ~」、またはちょっと気取って「よろしですねぇ~」と言うことが多いです。

It is the point where people who are get used to standard language consider “yoroshiiomanna” having a little obscene sounding. I think “yoroshiosuna” would be more appropriate.

But actually, few people in my neighborhood use “yoroshiosuna”. They mostly say “iidesune” or “yoroshidesune” with a little pretention.

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集