おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

本日は「よろしおす」という言い回しについて思うところを書いてみようと思います。

京ことば→よろしおす
標準語→いいです

京ことば→よろしぃおます
標準語→いいです

なんとなく自分の感覚では「よろしぃおます」は商売人風というか大阪人風みたいに聞こえますが、逆に「よろしおす」と言うと花街の女言葉みたいに聞こえてしまいます。それで使うのをためらうのですが、「おます」と言うよりはシックリ来るような気がします。

語尾に「~な」を付けた場合、
「~おす」→「よろしおすな」
「~おます」→「よろしぃおまんな」

「よろしぃおまんな」は標準語を聞き慣れている耳にはやや卑猥な響きがあるのも気になるところです。「よろしおすな」の方がシックリきますね。

でも実際のところ、「よろしおすな」はうちの近所では使う人少ないです。「いいですねぇ~」、またはちょっと気取って「よろしですねぇ~」と言うことが多いです。

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

最新記事

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集
サイト制作・運営 一般社団法人シシン