おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

京料理の味付けは薄味で、関東の方には頼りなく感じてしまうかも知れません(^_^;)

くらま天狗は貧乏なので、料亭の京料理なんて年に一回も食べないのですが、家庭料理も含めて京都の味付けが総じて薄味なのは実感しています。かと言って、本当に薄味に満足してる・・・、訳でもなく、時折天下一品のラーメンのようなコッテリとした味付けの濃いものを求めてしまう面もあります。

料理といえば、例えばお味噌でも、京風のお味噌と田舎味噌を区別して販売されています。田舎味噌は原料そのままに茶色い色をしていますが、京風味噌は白味噌で薄い色。お漬物でも京漬物と言えば浅漬けですね。

Good morning!
This is Kurama Tengu. ( ̄▽ ̄)b

The seasoning of Kyoto dishes is with a light taste, it might not be reliable for people living in Kanto area.(^_^;)

I, Kurama Tengu is so poor that I have never had Kyoto dishes in Japanese restaurants even once a year, but I realize that the seasoning in Kyoto including home dishes is overall with a light taste. However, .it doesn’t mean that I am really satisfied with the light taste, and I sometimes seek the thick and deeply seasoned for example, the Ramen of Tenkaippin.

Speaking of dishes, for example, miso, there is a distinction when selling Kyoto-style miso and countryside miso. The countryside miso has brown color like the color of the ingredients, Kyoto-style miso is white miso and has a light color. As for pickles, Kyoto pickles are the lightly pickles.

田舎味噌と京風白味噌

もう、スーパーに並んでいる食品自体がだいたい京風の味付けなので、自然と京風に慣らされてしまうんでしょう。また、いつも薄味を食べていると味覚が敏感になるのだとも思いますね。

あと、正月の白味噌雑煮は、子供の頃は嫌いだったのですが、大人になってからは正月になると必ず白味噌雑煮が食べたくなってしまうくらいに美味しく思えてきました(^_^)

The food products themselves arranged in supermarkets are already largely Kyoto-style seasoning, so I think I naturally get used to Kyoto style. And I also think always eating the light taste makes my tongue sensitive.

And although I disliked the white miso ozoni in New Year holidays in my childhood, I got to think it delicious enough to want to have white miso ozoni whenever the New Year holidays come after I became adult. (^_^)

京風白味噌雑煮

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集