その時、ばかものランボーはジャングルにいた。パラグライダーに失敗して、危険度マッドマックスにして超デンジャラスなその場所に、墜落してしまったのだ。この場所に来た人間は100%中の100%ォォォ!!死ぬ、という噂のある、地獄に一番近い島。人はそこをこう呼ぶ。

獣が原!!
(ジャングルのはずなのだが、なぜかそう呼ばれている)

ジャングルのイラスト
ばかものランボーは今、激しく後悔していた。こんなことなら、できもしないパラグライダーに挑戦するんじゃなかった・・・・・。おかげでこんなジャングル生い茂る島に来てしまった。しかもここは地獄の島だ。さあ、食われる、食われるぞ。ここには絶滅したはずのティラノサウルスがうようよいるらしい。
ティラノサウルス

・・・・・やばいな・・・・・・・。死ぬな・・・・・・これは。

「いや」、とばかものランボーは思う。まだ終わっちゃいないぞ!俺はランボーだ。あのランボーだって、2度地獄のジャングルを生き抜いてきたではないか。一度目はベトナム、そして二度目はミャンマー。俺は今、地獄のジャングルにいる。なら、ランボーの如く、地獄のジャングルを生き抜いてやろうではないか!

「ムダに死ぬか、自分のために生きるか、お前が決めろ!ばかものランボー!!」

その時、頭の中にあの「獣ヶ原」のBGMが流れてきた。しかし音楽だけで歌詞はない。するとばかものランボーの口から、テキトーな出まかせの歌が流れるように出てきたのである。

獣ヶ原(FFⅥより)作曲 植松伸夫

遊びだけど本気で作詞 ばかものランボー

1番
さあ行こう 恐れず 一歩ずつ踏み出せ 
奴らは牙を研ぎ お前を見ている
背後から忍び寄り(危ない!)牙をむいて襲うのさ(気をつけろ!)
生きるのか死ぬのかは(どっちだ!)すべてお前次第さ 
感じなよ 奴らの気配を 
研ぎ澄ませ 自分の感覚を
2番
けもの道を行く 傷つきながらでも 
ここを抜けるには リスクが高いぜ
油断して気を抜くと(危ない!)餌食となり肉となる(手遅れだ!)
止まるわけにはいかず(進めよ!)出口求め歩くのさ 
感じなよ 奴らの気配を 
研ぎ澄ませ 自分の感覚を
3番
さあ行くぜ 恐れず そうすれば拓ける 
逃げるかやり合うか 決めるのはお前さ
思い切って立ち向かえ(できるさ!)踏み出せよ攻撃だ(信じよう)
サバイバルするにはさ(そうだろ!)逃げてばかりじゃ生きられない
感じなよ 自分の感覚を 
飛び込めよ その渦の真ん中に

さて、いつここから脱出できるかわからんが、それでも生き抜いていくしかない。こんなところで死んでたまるかい!!どんなことがあってもサバイバルするだけさ。この人生という名のジャングルをな!(今いいこと言ったな、俺。よし、これを新たな迷言にしよう)

こうしてまた一つ、この世界に新たな迷言が生まれたのである。

どんなことがあってもサバイバルするだけさ。
この人生という名のジャングルをな!

いくぞ!ランボォォォ・・・・・、変・身!!

その時、不思議なことが起こった!

※迷言とは極限状態に置かれ、頭がおかしくなった時に飛び出す血迷った世迷い言である。

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。