• このエントリーをはてなブックマークに追加

これは、ばかものランボーがある夜キャバクラについてのネットニュースを見たとき、急に思い出したある男のクズ伝説である・・・・・・・・。

(注)文章中に、大変失礼な表現が含まれていると思いますが、あくまで演出です。ごめんなさい。

これは、キャバクラ好きの、史上サイテー男の話である。

「夜の街 妻に内緒でキャバクラへ・・・・ムフフ♡」

キャバクラ

「カンパーイ!!!」

イェーイ!!

俺は今、ハーレムにいる。会社帰りのストレス発散だ。こんなかわいいナイスバディなボインボインの姉ちゃんに囲まれてるから文句なしだ。うん。こんな40歳のさえないオヤジの話も、笑って聴いてくれるのさ。

「もう~課長。かっこいい♡今度電話してね。チュ 」
「電話しちゃうよ~。おっぱいモミモミしちゃうよ~」
「もう、課長ったら、エッチ♡♡」
俺は酔っていた。いい具合に酔っていた・・・・・

タクシーに乗り、帰宅。

「ただいま~」
「おかえり~」妻が出迎える。
かわいいとも、そうとも言えないフツーの女。笑顔も見飽きたなあ・・・・・。

俺は服を妻に預け、酔った状態でリビングに行き、お茶を飲んだ。その頃、妻は・・・・服を見て、あることに気付いた。そして・・・・・
俺はお茶を飲んでいた。
「おい!」呼ばれて振り返った。と同時に顔面に強烈なストレートパンチが炸裂!

鬼嫁イラスト

は・・鼻血が・・・・・・

「この襟のキスマーク。なんなのよこれ!あと、この名刺、高橋ジュリアって、だれよこの女!」

しまった!酔って全く気付かなかった。

「あたしに内緒でキャバクラに・・・ふざけんじゃないわよ!」
平手が3回飛んできた!ビシ!ビシ!!バッチ―ン!!ぶほあぁ!!

ああ、顎が・・・・顎がぁ!!あああ~~~!↷↷
そしてまたも、顔面に強烈なストレートパンチが激突!!妻は元ヘビー級チャンピオンのボクサーだ。殴られたらひとたまりもない。顔面は砕けた・・・・。

床に倒れた俺に、さらなる追い打ち。蹴りの嵐がミサイルのように飛んできた。
「オラオラオラオラ!!」
「ひいいぃ。ごめんなさいごめんなさい・・・」
俺は後悔した。恐怖した。赤ん坊のように泣きじゃくった。
そして妻は、俺の服の襟をグイッと両手でわしづかみにして、一言。
「今度キャバクラに行ったらぶっ殺すわよ」

当然俺は逆らえなかった。

それからというもの、俺は二度とキャバクラに行かなくなった。

「鬼嫁に 秘密がばれて半殺し 今度行ったらぶっ殺し」

コメント(1)

コメント一覧

  • アバター K・スィーガー より:

    巷間のライトノベルよりも軽やかな、ばかものノベルですね。バイオレンスにもユーモアがあると。筆致も絶好調で安心します。

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

最新記事

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集
サイト制作・運営 一般社団法人シシン