これは、ばかものランボーがある夜キャバクラについてのネットニュースを見たとき、急に思い出したある男のクズ伝説である・・・・・・・・。

(注)文章中に、大変失礼な表現が含まれていると思いますが、あくまで演出です。ごめんなさい。

これは、キャバクラ好きの、史上サイテー男の話である。

「夜の街 妻に内緒でキャバクラへ・・・・ムフフ♡」

This is legend of bastard man I, ridiculous Rambo suddenly recalled when I saw net news about kyabakura one night…

(note) Although there might be very impolite expressions in the sentences, it’s just a production. I’m sorry.

This is the story of the worst ever man who like kyabakura.

“I went to kyabakura secretly to my wife in the night street… Mufufu♡”

キャバクラ

「カンパーイ!!!」

イェーイ!!

俺は今、ハーレムにいる。会社帰りのストレス発散だ。こんなかわいいナイスバディなボインボインの姉ちゃんに囲まれてるから文句なしだ。うん。こんな40歳のさえないオヤジの話も、笑って聴いてくれるのさ。

「もう~課長。かっこいい♡今度電話してね。チュ 」
「電話しちゃうよ~。おっぱいモミモミしちゃうよ~」
「もう、課長ったら、エッチ♡♡」
俺は酔っていた。いい具合に酔っていた・・・・・

“Toast!!!!”

Yeah!!

I’m in the harem now. It is releasing stress on my way home from work. I have no complaint because I am surrounded by such cute young ladies with nice bodies and big breasts. Well, they smile and listen to the story of middle-aged man of forty-year-old.

“Oh, section chief. You are cool♡ Please call me later. Chu.”
“I’ll call you. I’ll boob fir.”
Oh, you section chief, you are lewd♡♡
I was drunken. I was drunken in good condition.

タクシーに乗り、帰宅。

「ただいま~」
「おかえり~」妻が出迎える。
かわいいとも、そうとも言えないフツーの女。笑顔も見飽きたなあ・・・・・。

俺は服を妻に預け、酔った状態でリビングに行き、お茶を飲んだ。その頃、妻は・・・・服を見て、あることに気付いた。そして・・・・・
俺はお茶を飲んでいた。
「おい!」呼ばれて振り返った。と同時に顔面に強烈なストレートパンチが炸裂!

I took a taxi and got home.

“I’m home~.
“Welcome back” my wife greeted me.
The ordinary woman I can’t say she’s cute. I’m tired of seeing her smile…

I left my clothes to my wife and went to the living room in a drunken state, and drunk tea. At that time, my wife saw the clothes and noticed something…
And… I was drinking tea.
I was called “yeah!” and looked back. At the same time strong straight punch exploded!

鬼嫁イラスト

は・・鼻血が・・・・・・

「この襟のキスマーク。なんなのよこれ!あと、この名刺、高橋ジュリアって、だれよこの女!」

しまった!酔って全く気付かなかった。

「あたしに内緒でキャバクラに・・・ふざけんじゃないわよ!」
平手が3回飛んできた!ビシ!ビシ!!バッチ―ン!!ぶほあぁ!!

I had a nosebleed.

“What is this, the kiss mark of this collar! And this name card Who is the woman, Julia Takahashi!”

Oops! I didn’t notice at all because I was drunken.

“You went to kyabakura secretly to me… Don’t play the fool with me!”
The flat hand flew three times. Bishi! Bishi! Batchon!! Buhoa!!

ああ、顎が・・・・顎がぁ!!あああ~~~!↷↷
そしてまたも、顔面に強烈なストレートパンチが激突!!妻は元ヘビー級チャンピオンのボクサーだ。殴られたらひとたまりもない。顔面は砕けた・・・・。

床に倒れた俺に、さらなる追い打ち。蹴りの嵐がミサイルのように飛んできた。
「オラオラオラオラ!!」
「ひいいぃ。ごめんなさいごめんなさい・・・」
俺は後悔した。恐怖した。赤ん坊のように泣きじゃくった。
そして妻は、俺の服の襟をグイッと両手でわしづかみにして、一言。
「今度キャバクラに行ったらぶっ殺すわよ」

当然俺は逆らえなかった。

それからというもの、俺は二度とキャバクラに行かなくなった。

「鬼嫁に 秘密がばれて半殺し 今度行ったらぶっ殺し」

Oh, m jaw… my jaw!! Oh~~~!
And strong straight punch crashed on my face again!! My wife is former heavyweight champion boxer. If I get hit, I am unable to put up any resistance. My face was crashed…

Further chasing after I fell to the floor. A kicking storm flew like a missile.
“Ora Ora Ora Ora!!”
Hii. I’m sorry, I’m sorry…
I repented. I was frightened. I cried out like a baby.
And my wife said a word gripping the collar of my clothes with both hands “next time you go to kyabakura, I’ll kill you up.”

Of course, I couldn’t go against it.

Since that time, I have never gone to kyabakura again.

“The secret was revealed to the demon bride and half killed by her and next time I go I’ll be completely killed up.”

コメント(1)

コメント一覧

  • K・スィーガー より:

    巷間のライトノベルよりも軽やかな、ばかものノベルですね。バイオレンスにもユーモアがあると。筆致も絶好調で安心します。

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集