• このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、TVで歌番組がやっており全ては見ていないですけど、一部聞いていたり最初や途中見ていました。出演していた歌手の中で、以前よく聞いていたグループやアーティストが何人かいました。特に懐かしさや上手いなぁなど思いながら聞いていました。今回、私が久しぶりに聞いた歌で印象や是非聞いてほしい曲を何曲か紹介したいと思います。(^^♪

女性シンガー

Little Glee Monster いつかこの涙が
作詞:いしわたり淳治
作曲:KEN for 2SOUL MUSIC Inc.・Philip Woo・kyte

この曲は、2年前に発売、歌われた曲です。全国高校サッカー選手権の応援歌でもありました。もともとリトグリの歌声に興味を抱き始め、聞くようになりました。すると、途端に「いつかこの涙が」というシングルが出され、テレビなどで流されているのを聞き全く知らなかったので、調べて、音源を聞いたのを覚えています。始め、タイトルが胸に刺さり、歌詞を見その当時のころの自分の目標に向かって一生懸命と取り組んでいること、同じ目標(夢)をつかもうと必死になって訓練をしていた仲間やスタッフと出会えて見方が変わったこと、など歌詞のように自分と置き換えたり背中を押してくれたりできる歌詞が好きでした。また、リトグリのハモリや歌声など上手くて、こちらも好きでした。♪

全ての方に当てはまり自分の応援歌として、後押ししてくれるので、是非、聞いてほしいです。

2つ目に、時代を超えても受け継がれていく中島みゆきさんの「糸」と「ファイト」です。「糸」は私が大学時代混声合唱団で演奏会のロビーコールとして、歌ったことがあります。歌詞の序盤から私たちの生きていくのに関係してる。誰かと私だったり出会うまでのおい立ちなどを深く考えさせたりサビの「縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布はいつか誰かを暖めるかもしれない」や「逢うべき糸に出逢えることを人は仕合わせと呼びます」ところがインパクトがあり好きです。

この糸が歌われたころの中島みゆきさんの歌声はまだ生まれていなかったので、どんな声だったのかについては知りませんが、歌番組の映像など、YouTubeで流れていた時なんて人を魅力に指してくれる歌声なんだろうと思ってしまいます。昭和、平成、令和、これららも受け継がれていくと思います。 是非、聞いてください。

中島みゆき 糸
作詞・作曲:中島みゆき

最後に、中島みゆきさんの「ファイト」です。
「ファイト」は、まさに人生をかけめぐっていく。日々過ぎていく中での応援歌だったり闘いなど自問自答している個所やストレートのような日常の過ぎていく歌詞がみやびは好きです。

メロディーがほとんど歌声で他の楽曲のように楽器や伴奏がなく、中島みゆきさんonlyの歌声や私たちも歌いやすいのが特徴ですよ。また、サビの「ファイト! 戦う君の唄を~」の歌詞など盛り上がるところは気持ちの良いですよ。 こちらも是非聞いてください。

中島みゆき ファイト
作詞・作曲:中島みゆき

ふと、立ち止まり周りや調べてみると、最近はなかなか聞いていない曲や時々、聞くと以前のころの自分の思っていたところや考えなどのきっかけ、背中を押してくれる応援歌的な歌や楽曲が出てきたり見つかるかも知れません。

久しぶりに昔、聞いていた曲や好きな曲を改めて聞いてみると、昔の自分を思い出したり、ほっとするなどするかもしれません。

是非、久しぶりに聞きたいと思った歌がありましたら聴いてください。

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

最新記事

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集
サイト制作・運営 一般社団法人シシン