ばかものランボーの、ゴク潰し!歌日記~~~~!!
無常道(FFⅥ 「シャドウのテーマ」より)

「ああ~~~ヒマだ。なんてヒマなんだ・・・・・」
その時、伝説のヒマ人、ばかものランボーはとにかくヒマでしょうがなかった。
あまりにヒマすぎて死にそうになっていた。
あまりにヒマすぎて脳みそも完全に腐ってしまい、爆発寸前になっていたのである。
おっとヤバイ・・・・・俺の脳みその時限装置が作動して爆発するまであと2秒・・・・・!

ア~~~~~アア~~~~~~!!!・・・・あああ!!!あ~~~~~~~~~~!

ターザンみたくバカみたいに叫んでいたので、
これを見かねた天の神様は、ついに啓示を下したのであった!
「こら!馬鹿みたいに叫ぶな、このバカモンが!
そんなに暇ならこれでも作っとけ、阿呆が!」

こうしてできたのが、この歌である。

「無常道」

きっかけは、こうだ。そういえば、かつてスーファミでこんなゲームがあったな。
ファイナルファンタジーⅥ(実はⅦよりⅥの方が大好きなのだ・・・・・・)。
この、ファイナルファンタジーⅥの「シャドウのテーマ」に、歌詞をつけてみたらどんなものができるんだろう。
こう思ってヒマ潰しに、遊びでテキトーに作ってみたら、こんなものができました、とさ。

ああ、そういえばごめんね、シャドウ・・・・・・。
ばかものランボーは、急にあることを思い出した。
救ってあげなかったね、魔大陸で。待てなかったんだよ、魔大陸で。
急に思い出したよ。ごめんね。ぶっコロしちゃって・・・・・・。
でもこれは、追悼歌じゃないよ。ちゃんとした歌になっている・・・・はずだよ。

では、おお聞きく・・・・、お聞き下さい。

デデデデ~~~~~~ン!!

無常道(FFⅥ 「シャドウのテーマ」より)

無常の風を纏い 口笛を吹きながら さすらいゆく 刹那の道を 
孤独に身をゆだねて
だれとも馴れ合わずに 今この時を生きる 無常の世に虚しさを抱き 
無常の今を刻む

ざらつく荒野を行き 向かい風にさらされ 身も心も荒みゆくのは 
この世に生きる宿め
虚ろな瞳を見せ 物憂げに空を見る 目に映るのは名もなき雫 
明日への希望照らす

時の流れの中を 無常に任せて行く あるがままに この身を任せ
風に吹かれるままに
抗うこともせずに 他力に任せ生きる 虚しさ痛み この身に刻み
儚い今を刻む

デデ~~~ン↷↷!!以上、おわり!!

コメント(1)

コメント一覧

  • K・スィーガー より:

    どこまでも世間様をなめた冒頭の文章で笑い、そして最後の詩で不思議と不意に胸打たれる。偉大なる大ばかものの嚆矢の記事は無常道なれども、熱量に溢れていますね。さらなる健筆を期待しています!

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。