くらま天狗はパソコン趣味ですので、若いころは休日におけいはん(京阪電車)に乗って、大阪は日本橋恵美須町のでんでんタウンまでパソコンパーツの買い物に出かけたものでした。その時の電車賃が確か京阪~大阪地下鉄含めて往復で1,500円程度だったと思います。

I, Kurama Tengu has a hobby of PC, so I went to buy PC parts to Denden Town in Nihonbashi ebisu town in Osaka taking Okeihan (Keihan Electric Railway) on holidays in my youth. I think the train round-about fare at that time was certainly 1500 yen or so including Keihan to Osaka subway.

京阪電車

恵美須町のお店は京都よりも値段が安いので、例えば1万円くらいのパソコンパーツやゲームなどを買えば、京都四条寺町で買う場合と比べて1,500円以上安くなるんですよね。そんな理由でわざわざ大阪まで買いに行ってました。

The shops in Ebisu town offer products more cheaply than the ones in Kyoto, so for example, if we buy PC parts or game software of 10,000 yen or so, it is cheaper by more than 1,500 yen compared with buying them in Kyoto Shijoteramachi. For such reason, I bothered to go to Osaka to buy them.

大阪日本橋でんでんタウン
 

 
それがなぜ大阪に行かなくなったのかと言うと、1つにはインターネット通販の隆盛ですね。価格.comやAmazonやヨドバシ.comなど。値段だけで見るなら、わざわざ実店舗まで足を運ぶ必要性がなくなりました。

また、京都駅の近鉄百貨店跡地にヨドバシカメラが入ったことで、大阪並みの品揃えと価格の家電製品のお店が京都にできて、大阪まで行く理由がなくなってしまいました。それで大阪に行かなくなった、、、という感じですね。

Speaking why I quit to go to Osaka, one reason is the prosperity of Internet shopping. For example, Kakaku.com, Amazon, Yodobashi.com and so on. There is no need to bother to visit actual shops in terms of the price only.

Also, by entering of Yodobashi camera in the site of Kintetsu Department Store in Kyoto Station the home appliance shops have appeared in Kyoto with item arrangement and prices as like Osaka, which deprive me of the reason to go to Osaka. That’s why I got to not to go to Osaka…

あべのハルカス

とはいえ、何だかんだ言いながらも大阪は都会。
あべのハルカスやプラモデルの大規模な展示会など、大阪でしか見れないものはたくさんありますので、時間とお金さえ許せばまた行ってみたいと思っています。

However, Osaka is a big city anyway.
I think I’d like to go to Osaka again if I have time and money since there are a lot of things only seen in there such as Abeno Harukas or large-scale exhibitions for plastic models.

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集