高野川と賀茂川の三角州から北に歩いたところには、京都が都であるはるか以前の植生を残す「糺(ただす)の森」があります。その糺の森のほぼ中央を北へ一直線に「下鴨神社」への参道が続いています。

There is “Tadasu no Mori” that leave vegetation far before Kyoto was the capital a walk north of Takano River and Kamo River Delta. The approach to “Shimogammo Shrine” continues straight to the north almost in the center of the Tadasu no Mori.

下鴨神社の祈祷所

都会のオアシスとも呼ばれる下鴨神社・糺の森で受けられるご利益は、以下のように言われています。

The benefits that you can receive in Shimogammo Shrine, Tadasu no Mori that are also known as an urban oasis are below.

縁結びの神様:God of marriage

相生社

下鴨神社には相生社(あいおいのやしろ)があります。この社は縁結びのご利益がある社として、古くから格別の信仰を集めています。

相生社の御祭神は、『日本書記』に「産霊神」(むすひのかみ)とあり、『古事記』上巻には、造化三神の一柱の神と書かれているそうです。

相生社にはいつも縁結びを願う女性たちの姿が見受けられます。それだけ強いパワースポットとして周知されているということでしょう。

There is Aioi sha at Shimogammo Shrine. This sha is collecting special faith from ancient times as a shrine with a benefit of marriage.

Saijin of Aioi sha is “Musuhi no Kami” according to “chronicles of Japan” and is described as one of the three gods of creation in the first volume of “Kojiki”.

We always can see women wishing for marriage at Aioi sha. I think it is well known for that strong power spot.

美麗祈願:Beauty prayer

河合神社の絵馬

下鴨神社の摂社である河合神社(下鴨神社糺の森の南側に位置する)は、女性守護として信仰を集めています。ご祭神には神武天皇の母、玉依姫命をお祀りしており、玉依姫命は玉のように美しいことから美麗の神としての信仰が深いのです。

河合神社では鏡絵馬と呼ばれる手鏡の形をした絵馬を奉納することが出来るのですが、これにはご自身が普段使っているメイク道具で美しい顔の絵を描き、絵馬に願いを託す風習になっています。

河合神社はこ洒落た外観の社で、こちらも常に女性参拝客が絶えない神社となっております。

Kawai Shrine, which is the auxiliary shrine of Shimogammo Shrine (located on the south side of Shimogammo Shrine Tadasu no Mori) collects its faith as a female guardian.
It enshrines Tamayorihime, mother of emperor Jimmu and Tamayorihime is worshiped as beautiful god as she is beautiful like a ball.

We can dedicate Ema whose shape is hand mirror and called mirror votive tablet at Kawai Shrine, and there is a custom that people entrust wish to Ema by drawing a beautiful face on it using makeup tools that people themselves usually use.

Kawai Shrine is a sha whose outlook is fashionable, and this is also the shrine where there are always female worshipers.

契約の神:God of covenant

印璽社

(HPより転載:Reprinted from official home page.)

下鴨神社の御本殿間近には、印璽社(いんじしゃ)が祀られています。印璽(いんじ)とは、現代でいうところの判子のことです。印璽社は契約の神として、大切な契約の時や、物事を成功裏に結び付けたい時などに参拝される方が多いようです。

Injisha is enshrined close to the main shrine of Shimogammo Shrine. Inji is seal of modern days. I hear many people worship Inji sha as the god of covenant when there are important contracts or people want to connect things successfully.

お祓いのお社:Purification shrine

井上社(御手洗社)

御手洗社の前に流れるみたらし川は、土用になると池の周辺や川の底から清水が湧き出るところが鴨の七不思議に数えられ、湧き上がる水泡の姿を団子にかたどり、みたらし団子の元になったとされています。

また、土用の丑の日には、この池の清水に足をつけると疫病や脚気にかからないとか、癌封じなど無病息災を祈ってお祓いを受ける足つけ神事(御手洗祭)が催されています。

Mitarashi River that flows in front of the Mitaraisha is counted as seven mysteries of Kamo from the scene that fresh water springs up around the pond or the bottom of the river when it is the hottest days of the summer, and that the shape of the appearance of the blisters that spring up is like dumpling is said to be the origin of Mitarashi dumpling.

There is an even held called “Mitarashi festival” the footing Shinto ritual that people who put their feet on the fresh water of this pond don’t get plague and beriberi, or receive a prayer wishing disease-free such as containing cancer.

下鴨神社の主な御利益:The main benefits of Shimogammo Shrine.

  • 縁結び:Marriage
  • 美麗祈願:Beauty prayer
  • 契約の祈願:Contract prayer
  • お祓い:Purification

下鴨神社(賀茂御祖神社):Shimogammo Shrine (Kamo Mioya Shrine)

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集