平安神宮の写真

明治28年、平安遷都1100年の年に、明治維新によって衰退を見せた京都の再興をこころざして平安神宮は創建されました。平安神宮は平安京遷都当時の大内裏を実物の5/8の規模で復元したもので、実際に平安京の大内裏があったのは現在の千本丸太町と言われています。

さて、平安神宮のご利益ですが、戦後平安神宮での神前婚が流行り、数多くのカップルがここで結ばれたことから、縁結びの神様として知られています。

また、平安神宮では「京都五社巡り」が人気。下記の五つの神社を巡ると、開運招福、厄除け、商売繁盛、縁結び、学業成就のご利益を倍増できると言われています。

ではその五つの神社とは・・・
京都は風水上の地相として「四神」の存在に相応しいとされる、四神相応の地と言われています。

四神獣のイラスト

以下の五社はその四神の地にある神社として五社巡りの対象とされています。

 1. 北の玄武「上賀茂神社」
上賀茂神社
 2. 東の蒼龍「八坂神社」
八坂神社
 3. 西の白虎「松尾大社」
松尾大社
 4. 南の朱雀「城南宮」
城南宮
 5. 中央を守護する「平安神宮」
平安神宮

平安神宮の主なご利益

  • 縁結び
  • 開運招福
  • 厄除け
  • 商売繁盛
  • 学業成就

平安神宮

コメント(1)

コメント一覧

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。