2007年公開。
監督 水田伸生。
主演 阿部サダヲ&舞妓はん。

「舞妓さんと野球拳がしたい!」

舞妓さんの画像
とただそれだけの理由で京都へ行き、お座敷に出入りしようとする男、鬼塚公彦(阿部サダヲ)を主人公に、ハチャメチャな物語が展開するマイコ(舞妓)メディー映画、舞妓Haaaan!!!こんな映画はおそらくこの作品以外どこにも存在しないだろう。なにせ舞妓オタクの末端平社員の男が、舞妓はんに対する異常なまでのラヴ・パワーで次々とバカみたいな奇蹟を起こすという、他に類を見ないものとなっているのだから。

カップラーメンを作る会社の末端平社員にすぎなかった公彦が、そのあり得ないほどの行動力で舞妓はんのために暴走する姿は、もうほとんどバカとしか言いようがない。言いようがないが、これがまた何とも魅力的でもあるのも事実だ。阿部サダヲのハイテンションすぎる怪演につぐ怪演。お座敷に上がって舞妓はんと遊びたい、という願望だけで突き進んでゆく爽快感。そして鬼塚の繰り広げるあまりにもバカげた行動、その一つ一つのエピソードがあまりに強烈な印象を残すため、一度見たら絶対に忘れない、と言うか、絶対忘れられない。

いっつの日か♪ いっつの日か♪ いっつの日か♪きばって♪ いっつの日か♪きばって♪おな~じみさんに~な~ろ~う♪

ここはいったいどんな世界なんだ?いいかげんにしいや!と言いたくなるが、こんなバカらしさ全開のオモシロ映画はこれまで見たこともないので、ついつい許してしまうのであった。

しかし、この映画はバカらしいだけではない。京都の舞妓文化について、いちおう非常に楽しく触れることができる一本でもある。舞妓さんとはどんな人たちで、どこでどうやって生活しているのか。お座敷遊びとは何なのか?その守るべきルールとは?そんな舞妓さんのタメになる?知識が、これまたユーモアたっぷりに紹介される。まさに、学校教育にピッタリすぎる映画ではないか!ユーモアも学べて、バカらしさも学べて、舞妓はんのことも学べるのだ。一石三鳥とはこのことを言うのだろう。

さあ、みんなも今すぐ見てみるといいぞ。まじめ腐った頭をバカにしてくれて、舞妓はんの知識もぶち込んでくれるからな。ちなみに、俺はもう200回は見ている。おかげですっかりバカになった。しかし奇抜なアイデアは、俺のようなバカな頭から生まれてくるのだよ。

さあ、まだまだいくぞ!舞妓Haaaan!!!

ウサギのぐるみを着て叫ぶおじさん

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。