• このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も暮れて参りましたね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私が投げ出し気味だったこの「京都人のブログ」も、新しいメンバーさんが引き継いで記事を書いてくれるようになり、くらま天狗は喜んでおります。

今年1年を振り返りますと、やはり新型コロナウィルスの感染拡大ですね。
私自身も4月には在宅勤務を経験しましたし、メンバーは今でも在宅で働いております。
京都府でも1日の感染者数が100人を超えたりで、いよいよ私も逃げ切れなくなってきたんじゃないかと不安に思っています。わが家には肥満で糖尿病の年老いた母もいますので心配、、、。

仕事の面では、そのコロナの影響で弊社のGoogleアドセンスサイトも随分影響を受けました。もういよいよGoogleアドセンスで食っていくのは無理かと思って、他の収益源を模索しては失敗したりで。ある意味いい勉強になったとは思います。

でも、今年後半にGoToトラベル事業が始まって、Googleアドセンスも一時息を吹き返して、これまでの不調はウチのサイト自体が終わってしまったんじゃなくて、新型コロナの影響で一時的に人気が落ちてるんだなと実感出来ましたし、来年以降もこの事業(障がい者向け情報サイト作成)を続けていっても大丈夫そうだなと思えました。

私たちは障がい者の就労支援事業所の作業としてウェブサイトを運営しておりますので、とにかく何らかの収益化可能な作業を提供することが求められるんですよね。就労の機会を提供するという意味で、利用者さんに提供する作業は、収益に結び付かなければなりません。

そういう意味で良かった面としては、利用者さんに提供する仕事の種類について、こういう障がいをお持ちの利用者にはこういう種類の仕事を提供して、別の種類の障がいをお持ちの利用者にはああいう種類の作業を提供して、というようなノウハウが出来上がってきたことがあると思います。利用者に提供する作業の引き出しは多い方がいいに決まってますよね。

社会の未来を変えるなんて言ったら大袈裟ですが、全国の障がい者がその乏しい収入の中でお出かけを楽しむための手助け(障害者手帳で行こう)や、そもそもその収入を少しでも増やせるような手助け(障がい者就労支援情報)を、インターネットを用いた情報発信を通じて出来ればいいなと思って、メンバー一同日々努力しております。

今後も、私たちは障がい者が社会で遭遇する様々な困難を、情報サイトの開発によって少しでも取り除けるよう頑張って参りますので、どうか皆さまよろしくお願いいたします。

皆さま、良いお年を!

良いお年を

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

最新記事

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集
サイト制作・運営 一般社団法人シシン