おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

「~さかい」「~さかいに」は、テレビの大阪局のドラマなんかで使っている人が多いので、京都人も普通に使っていると思っている人が多いと思いますが、私の世代では「~さかい」「~さかいに」を使いこなしている人は案外少ないです。標準語では「~から」に相当します。

Good morning!
This is Kurama Tengu( ̄▽ ̄)b.

Many people think Kyoto people also usually use the wordings “sakai” or “sakaini” since many people appearing in dramas made by Osaka TV station use the wordings, but unexpectedly few people in my age can fully use the wordings “sakai” or “sakaini”. They correspond with “kara” in standard language.

【使用例:The example of use】
京ことば→病院行ってきたさかい遅れてしもた
標準語→病院に行ってきたから遅れてしまった

Kyoto language → Byouinittekitasakaiokureteshimouta.
Standard language → I was late because I went to a hospital.

京ことば→お父ちゃん帰ってきたさかいにはよ行っといで
標準語→お父さんが帰ってきたから早く行ってきなさい
 
Kyoto language → Otouchankaettekitasakainihayoittoide
Standard language → Since your father got home, go to early.

私の父母の世代ではみんな「~さかい」を使っているのですが、私は学校の友達が「~さかい」を言わなかったので使わなかったのか・・・。うっすらとした記憶では、私は小学校の先生に教科書に書いてある「~から」か、両親が喋っている「~さかい」か、どっちを使えばいいか聞いたことがあって、その時先生はどっちでもいいと答えたのですが、書き言葉と喋り言葉の異なる「~さかい」よりも「~から」の方が使いやすいという理由で、それ以降「~から」ばっかり使うようになった覚えがあります。

でも、最近ではなぜか「~さかい」を使う人に憧れがあって、「~から」を「~さかい」に言い換えようと思うのですが、あまりにも「~から」が身に着いていて、咄嗟には「~さかい」は口から出てきません。

Although all people in my parent generation use “sakai” but I remember that I didn’t use the wording as my school friends didn’t say “sakai”… As I remember faintly, I have asked my elementary school teacher “which should be used “kara” written in textbooks or “sakai” that my parents were using, and then the teacher answered you can use both, and since that time I have used “kara” only for the reason that it is easier to use than “sakai” which have difference between writing word or talking word.

However, I have been adored to people who use “sakai” recently, and I try to change the wording from “kara” to “sakai”, but I am too get used to “kara” to say “sakai” instantly.

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集