adsense1

おはようございます!(^^)!
みやびです。

土曜日、朝から外出しており次の場所に行く途中、烏丸六条で降り久しぶりに東本願寺前を通りました。大学で浄土真宗の大学に通っていたことや2年間、仏教や親鸞、東本願寺などに関わることを学んでいたこともあり通る度に色んな感銘を受けていた場所でもあります。この日は、中には入っておりませんが、観光客や訪問者の方々は多かったです。

Good morning!(^^)!
This is Miyabi.

On Saturday, on my way to next destination in outing in the morning, I got off the bus at Karasuma Rokujo and went through in front of Higashi Honganji after a long time. This is also the place I was impressed many things whenever I went through there as I went through there on my way to Jodo Shinshu university and for two years I learned about Buddhism, Shinran, Higashi Honganji and so on. That day I didn’t enter Higashi Honganji but there were many tourists and visitors.

ここから中の御影堂や阿弥陀堂に向かって一礼と「南無阿弥陀仏」を唱えました。

From here I bowed once against Mikagedo and Amidado inside and chanted “Namu Amida Butsu”.

入口が2つあり、どの角度から見ても大きな建造物だなぁと思ってしまいます。

There were two entrances and I was thought that it was a large building whatever angle I saw from.

上の「人と生まれたことの意味をたずねていこう」は、親鸞聖人御誕生850年と立教開宗800年慶讃法要のテーマらしいです。背景に親鸞が比叡山を下山したことと法然と出会ったことは無関係ではない。悲しみや苦しみの連続であってもそのことが人生を決定させるものではない。仏の本願に出会うことで、この世に誕生した意味に目覚め、人生をいただくことが始まる。1人ひとりの誕生の意味を親鸞の誕生から考えることである。そんな意味がこもっているらしいです。

“Let’s go to ask for the meaning of people and your birth” on the above seems to be the theme of celebration memorial service for 850 years after the birth of Shinran saint and 800 years after Rikkyo Kaishu. On the background of this, the meanings are included that it does have relation between Shinran climbed down the Mt. Hiei and his encountering with Honen, the continuance of sorrow and agony itself doesn’t determine your life, giving your life begins first after encountering Buddha’s application and arousing in the meaning for your birth, and you should think the meaning of each person from the birth of Shinran.

adsense2

どの看板も胸に響く言葉ばかりで仏教や真宗が私たちに問いかけてくれている、自己の生き方や人生全てにおいて関係しているメッセージに共感や学ばせてもらいました。

Every sign had words that sounded in my heart, and I learned messages and sympathies relevant to each person’s way of life and all of their lives.

左側の黒い看板に書かれている言葉は、親鸞が執筆した『教行信証』からの言葉であり、月によって変わっています。教行信証は、親鸞の人生においての大著作であり浄土真宗の根本な聖典であり、浄土とは何かなど多くの内容や注釈が書かれた書物であります。

今日は何が書かれているのか気になり、記念に写真を撮りました。

毎回、どのような基準で掲載されているか分からないですが、きっと大事な箇所でありその言葉が私たちに問いかけてくれたりするものではないかと思います。

今回、久しぶりに通り、初心に戻れたり色々と日常の有り難さなど考えることができました。本堂では、参拝や法要などできますので、興味のある人など行ってみてください。

The word written on the black sign on the left is the word that varies monthly and is excerpted from “educational credential” that Shinran wrote. Educational credential is Opus Majus on the life of Shinran, and fundamental scripture of Jodo Shinshu, and is the book that many contents and annotations regarding what is Jodo and so on are written in it.

Because I cared about what was written today and took a commemorative picture.

I don’t know for what criteria the posting is decided every time, I think it is surely the important points and the word that asks us.

This time after a long time, I could return to my initial mind and think about the value of daily life. As we can worship or receive Buddhist memorial service, I recommend to those who are interested go to there.

adsense4

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

adsense3

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集