おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

京都の居酒屋の中には、「京のおばんざい」を売り物にしているお店が少なくないです。私もそうしょっちゅう飲みに行く方ではないのですが、たまにお付き合いで居酒屋に行く時に、おばんざいの店に連れていかれる時があります。

それで、町家風のお店に上がらせてもらうと、これがもう昔のわが家みたいな古家で(わが家も建て直し前は年代物の町家のような家でした。)、急な階段に古びた畳。

Good morning!
This is Kurama Tengu( ̄▽ ̄)b.

There are not a few shops that offer “Kyoto Obanzai” among taverns in Kyoto. Although I don’t go to drink alcohol so often, sometimes I am brought to the shops of Obanzai when I sometimes go to tavern in a relationship.

And, when I entered into the shop of Machiya style, it was the old house just as my house in the past. (My house was like the one of antique Machiya before rebuilding it.) Steep staircases and old tatami.

ひじきの炊いたんとか言うやつ。こういうのはママンが作ってくれるよね・・・
This is the cooked hijiki. Your mother makes this…

かぼちゃの炊いたんに至っては出現頻度高過ぎて見たくもない(>_<)
I don’t want to see the cooked pumpkins because of frequent appearance.(>_<)

ご飯はうちで母が作ってくれる料理そのままみたいなものが出てきて何の面白みも無く。挙句の果てには近所のライフで買ってきたようなコロッケが出てきたりで絶句・・・。

京都に長く暮らしている人は「京のおばんざい」系のお店には行かない方がいいんじゃないかと思いました(^_^;)

There is no interest as the dishes are just my mother makes at home. On top of all that, croquettes that were bought at neighborhood Life were appeared and I couldn’t say nothing…

I thought people having lived in Kyoto for a long time had better not to go to the shops that offer “Kyoto Obanzai”. (^_^;)

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。

ツイッター

京都三条会商店街北 薬膳&カフェ 雅(みやび) サイト制作・運営 一般社団法人シシン

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集