おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

○○さんに入る文字は、例えば一保堂さん。
後ろの○○さんに入る文字は、例えば緑茶。

京都には老舗の小売店が多くて、そのどれもがスーパーで買うよりも高品質で美味しい食品を販売していらっしゃいます。なので、「○○さんの○○買うてきたよ」と聞くだけで美味しいものを買ってきたんだなと思ってしまいます。

ただ、ここで美味しいもので「嬉しい」または「羨ましい」と思う反面、「贅沢な」「また無駄遣いして」と腹の中で思ってしまうのは、京都人の二面性かも知れません。実際、お金さえ払えばいくらでも美味しいものがあるので、食い道楽に出費しすぎて、終いには都落ちしていく人たちは少なくありません。

なので、京都に何代も住んでいるような人は、だいたいケチで節約家の人が多いですね。食べ物なんかは、主にライフやフレスコや公設市場で買っていると思います。

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。