こんにちは、くらま天狗です。

本日は「シシン」の語源について解説します。

シシンとは

シシンの語源「四神」とは、中国神話に登場する、世界の四方向を守る聖獣「四神獣」のことです。
東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武といい、それぞれ川、海、道、山などに対応しています。
この4頭が揃う土地は風水で理想的な地形配置とされ、四神相応といいます。

私たち一般社団法人シシンが存在する京都市の原型である平安京は、東に川(賀茂川、高野川、鴨川)があり、南に海(小椋池)、西に大きな道(朱雀大路・現在の千本通り)があって、北にたくさんの山(北山)というように、この四神相応にあたるのです。

一般社団法人シシンでは、このように四神相応な立地の京都市から全国へ、障害者や高齢者への支援の輪を広げていく活動を行っていきます。

このようにちょっと聞き慣れない言葉かと思いますが、弊社で取り扱っているパワーストーンブレスの四神球からヒントを得て名付けた名称かと思います。多分。。。

コメント(0)

コメントする



※コメントは承認制です。ただちにはページに反映されません。