護王神社 Goo Shrine

護王神社について

護王神社は京都御所の西側の烏丸通り沿いにある神社で、平安京の建都に貢献された和気清麻呂公(わけのきよまろこう)をお祀りしています。

和気清麻呂が当時の実力者・弓削道鏡から送り込まれた刺客に襲われたのを、突如現われた300頭の猪によって救われたとの伝説から、明治23年(1890年)から狛犬の代わりに「狛猪」が置かれています。護王神社は通称「いのしし神社」として親しまれ、亥年の参拝者は例年よりも増加する傾向があります。境内には狛猪のほかにも多くの猪に因む置物、小物類が設置されております。

主な御神徳は「足腰の健康・病気怪我回復」、「厄除け・災難除け」、「亥年生まれの御守護」、「子育て・子供の成長の御守護」、「ぜんそく封じ」となっています。そのため、足腰の難儀で悩んでおられる方や、スポーツ選手(陸上競技やサッカーなど)を始めとした参拝者の方々が全国から多く訪れます。

明治32年(1899年)~昭和14年(1939年)まで使用されていた10円紙幣には、和気清麻呂と護王神社が描かれており、裏面には猪が描かれていたので、和気清麻呂の肖像画が描かれた10円紙幣は長らく「いのしし」と呼ばれていました。

私は以前の職場がここから近かったので、散歩道にしばしば訪れました。敷地は狭いのですが、全体的に趣味の良い綺麗な神社です。周辺は京都御所西の景観の良い地域で、外国人観光客もよく見かけます。

About Goo Shrine

護王神社6

Goo Shrine is a shrine on the West side of the Kyoto Imperial Palace, and it enshrined the Wakenokiyomaroko contributed to the founding of Heian-Kyo.

Wake-no-Kiyomaro was attacked by a thug sent from the Yuge cholangioscopy the influential person at the time, from the legend that it was saved by the 300 boars which appeared suddenly, “Koma wild boar” is put on behalf of Komainu from the Meiji 23 (1890 years). Goo shrine is known as “Boar Shrine”, and worshippers of the year of the boar tend to increase more than usual. A lot of was named figurines and small items are installed in the precincts besides the Koma wild boar.

The main divine virtues are “legs health and Illness injury recovery”, “protecting against misfortune and calamity”, “guardian of the Year of the boar”, “child rearing, the protection of children’s growth”, and “asthma sealed”. Therefore, there are many visitors from all over the country who are suffering from legs’s troubles, and athlete (athletics, soccer, etc.).

The 10-yen bill used in the year 1899 to 1939 Wake-no-Kiyomaro and Goo Shrine was drawn, and the wild boar was drawn on the back, so the 10-yen bill that Wake-no-Kiyomaro’s portrait was drawn was called “boar” for long time.

Because my previous workplace was close from here, I often visited it for a walk. The site is small, but it is a beautiful shrine with good taste overall. The surrounding area is a scenic area of Kyoto Imperial Palace West, and foreign tourists are often seen.

護王神社の写真はこちら
Click here to enter into photo gallery.

詳細 Details

所在地 〒602-8011
京都府京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385(京都御所蛤御門前)
電話番号 TEL 075-441-5458(9:00~17:00)
FAX 075-414-0255
拝観料 無料
交通アクセス

市バス
51系統「烏丸下長者町」下車すぐ

地下鉄
烏丸線「丸太町駅」下車、北へ徒歩7分


烏丸丸太町交差点より北へ3つ目の信号手前左側

駐車場 境内に駐車可能
サイトURL http://www.gooujinja.or.jp/

あわせて回っておきたいおすすめスポット Recommended spots to go together

京都御所

京都御所 Kyoto Imperial Palace

京都御所は近隣住民からは「御所」と呼ばれて親しまれています。ここは14世紀から明治初期まで、歴代天皇が暮らし、儀式・公務を執り行っていた場所です。

The Kyoto Imperial Palace is called "Gosho" by the neighboring residents and is popular. From the 14th century to the early Meiji period, this is the place where successive emperors lived, priest rituals and public service.

下御霊神社

下御霊神社 Shimogoryo Shrine

下御霊神社は、平安時代に上御霊神社とともに建立されました。疫病災厄を退散し、朝廷と都を守る神社として崇敬されています。

Shimogoryo shrine was erected together with Kamigoryo shrine during the Heian period. It is revered as a shrine to protect the imperial court and the capital by fleeing the plague disaster.

ブログ最新記事

  • 「ええ」か?「よろし」か?
    投稿日:2019年10月12日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b みなさん、小学校の先生に指名されて答えを言った後に、「よろし…

  • よろしおす
    投稿日:2019年10月05日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 本日は「よろしおす」という言い回しについて思うところを書いて…

  • ~どす・~どすえ
    投稿日:2019年09月28日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 「~どす」って言葉、使いますか?って質問が来そうですけど。現…

  • ~さかい・~さかいに
    投稿日:2019年09月21日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 「~さかい」「~さかいに」は、テレビの大阪局のドラマなんかで…

  • ~はる
    投稿日:2019年09月14日

    こんにちは、くらま天狗です。 「~してはる」「~ゆうてはる」という言い回しは関西ではよく使いますが、この発音も地…