下御霊神社 Shimogoryo Shrine

下御霊神社について

下御霊神社1

下御霊神社は、平安時代に上御霊神社とともに建立されました。疫病災厄を退散し、朝廷と都を守る神社として崇敬されています。

こちらは寺町通りと丸太町通りの交差点を下った(南下した)ところにあります。名前はそれなりに聞いていたのですが、私が思っていたよりは小さな神社でした。印象としては、観光地として訪れるような派手な神社ではなく、ご近所の方々の参拝のための神社という感じでした。

この神社には地下水を汲み上げるポンプがありまして、参拝者は無料で銘水を頂けるようです。この付近は茶道をされる方も多いでしょうし、茶道用の水としても利用されているのかも知れませんね。

About Shimogoryo Shrine

下御霊神社14

Shimogoryo shrine was erected together with Kamigoryo shrine during the Heian period. It is revered as a shrine to protect the imperial court and the capital by fleeing the plague disaster.

This shrine is in the south of the intersection of Teramachi street and Marutamachi street. I had heard the name as such, but it was a smaller shrine than I had expected. The impression was that it was not a showy shrine that would be visited as a tourist destination, but rather a shrine for the visits of neighbors.

There is a pump that pump underground water in this shrine, and the worshippers seem to be able to give the famous water for free. There might be a lot of people who are doing the tea ceremony in this vicinity, and it might be used as water for the tea ceremony.

下御霊神社の写真はこちら
Click here to enter into photo gallery.

詳細 Details

所在地 〒604-0995 京都府京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町
電話番号 TEL 075-231-3530
拝観料 無料
例年の見頃 梅(2本)
2月下旬~3月中旬
交通アクセス

地下鉄
烏丸線「丸太町駅」下車東へ徒歩7分

市バス
4・17・205系統「河原町丸太町」下車西へ徒歩1分

駐車場 自家用車乗入可
※参拝者のみ
サイトURL http://shimogoryo.main.jp/

あわせて回っておきたいおすすめスポット Recommended spots to go together

上御霊神社

上御霊神社 Kamigoryo Shrine

こちらは市営地下鉄を鞍馬口駅で降りて東へ少し入ったところにあります。街中にあるにもかかわらず、その敷地内は都会のオアシスのような癒しの感覚があります。

It is in the place where the municipal subway is descended at Kuramaguchi station and it enters the east a little. Although it is located in the city, it has a sense of healing like an urban oasis.

梨木神社

梨木神社 Nashinoki Shrine

梨木神社は京都市上京区にある神社で、その歴史は三条家の邸宅跡に社殿を造営し、明治18年(1885年)に創建されたのが始まりです。

Nashinoki Shrine is a shrine in Kamigyo-ku, Kyoto. The beginning of it's history was built in 1885 in the ruins of the house of the Sanjo family.

京都御所

京都御所 Kyoto Imperial Palace

京都御所は近隣住民からは「御所」と呼ばれて親しまれています。ここは14世紀から明治初期まで、歴代天皇が暮らし、儀式・公務を執り行っていた場所です。

The Kyoto Imperial Palace is called "Gosho" by the neighboring residents and is popular. From the 14th century to the early Meiji period, this is the place where successive emperors lived, priest rituals and public service.

ブログ最新記事

  • 京都の料理の味付け
    投稿日:2019年11月16日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 京料理の味付けは薄味で、関東の方には頼りなく感じてしまうかも…

  • 地下鉄環状線が欲しいお話
    投稿日:2019年11月09日

    完全に地域の話題ではありますが、くらま天狗は京都市に地下鉄環状線が欲しいと常々思っております。地下鉄環状線とは具体的に…

  • 大阪に行かなくなった話
    投稿日:2019年11月02日

    くらま天狗はパソコン趣味ですので、若いころは休日におけいはん(京阪電車)に乗って、大阪は日本橋恵美須町のでんでんタウン…

  • うなぎの寝床
    投稿日:2019年10月26日

    くらま天狗の家も、建て替える前はいわゆる京町家風の古い家でした。 家の敷地も京都的な間口の狭い奥行きの長い形…

  • 寺社の撮影の時に気を付けること
    投稿日:2019年10月19日

    くらま天狗は、神社やお寺に写真を撮りに出かけます。 私の住む京都で、良さそうな被写体と呼べるものが神社やお寺だからと…