adsense1

一乗寺ラーメン街道

一乗寺ラーメン街道について

▼写真やテキストリンクから各店舗の食レポへジャンプします。

東大路通と北大路通の交差点(高野)から北へ向かったところ一帯は、「一乗寺ラーメン街道」などと呼ばれており、京都随一のラーメン屋激戦区です。ここには名の通ったラーメン店の本店がずらりと勢揃いしています。

ラーメン荘夢を語れ外観ラーメン荘夢を語れ

有名どころとしては、いつも長い行列している「高安」の豚骨ラーメンや牛スジラーメン、こちらも長い行列の「麺屋極鶏」の超濃厚こってりラーメン、大食い系ラーメンの「ラーメン荘夢を語れ」や、大食い系元祖の「ラーメン二郎」の野菜ドカ盛りラーメン、名前は台湾だけど名古屋発祥の台湾まぜそばの「夕日のキラメキ一乗寺」、こってりスープが美味しい家系ラーメンの「びし屋」など。

adsense2

それ以外にもお酒のシメにピッタリと言われる「天天有」の独特の味の塩ラーメン、いわゆる京都ラーメンらしい豚骨しょう油ラーメンの「横綱」、自分で潰して入れるニンニクが強力なしょう油ラーメンのお店「珍遊」、不定期営業のまぼろしのお店「らーめんや亜喜英」、とことんこってりな豚骨ラーメン店「豚人」、とことんこだわりの醤油ラーメンのお店「らぁ麺すぐる」、など行列必至のお店が多数凌ぎを削っております。

筆者もラーメンが好きで一乗寺ラーメン街道にはよく食べに行くのですが、観光客の方にも京都に来られた際にはぜひお越しいただきたい地域です。ちなみに、独特のこってりスープで有名な「天下一品」の総本店はここから少し離れた白川通と北大路通の交差点を少し南下したところにあります。また、北大路通り沿い叡電「茶山駅」付近には醤油ラーメンの「来来亭」もあります。

土日や祝日などには、この一乗寺ラーメン街道一帯がラーメンテーマパークのような様相になり、お腹を空かせた大学生など元気な人たちが、ここでしか食べられないラーメンを食べるために大勢集まります。そのため、人気店は行列が長くて順番待ちが結構大変になりますが、お食事の時間を少しずらして来られるとスムーズに入れたりしますのでお勧めの行列回避策になります。

また、特に最近はラーメン通の人が多くて、どこどこのラーメンが美味しい、つけ麺が美味しいなどと、道端でラーメン談議が活発にされています。昔はラーメン屋は男性しか入らないイメージでしたが、最近は女性客も結構な割合で来られているようですね。

なお、お車でお越しの際には必ず、お店の駐車場かコインパーキングに停められるようにお気をつけください。最近は交通警備員の人が多いので、すぐに切符切られて罰金取られますのでご注意を・・・。

※下のリンクバナーから、京都のラーメン店特集ページにジャンプできます。筆者の書いた食レポなどをお読み頂ければ幸いです。

京都のラーメン店特集へのリンクバナー

adsense2

一乗寺ラーメン街道の写真

▼サムネイル写真をクリックすると写真集が見れます。

▼サムネイル写真をタップすると写真集が見れます。

撮影者:山田 泰輔

詳細

所在地 〒606-8182 京都府京都市左京区一乗寺赤ノ宮町(一乗寺高槻町バス停)
交通アクセス

叡山電鉄
「一乗寺駅」下車、西へ徒歩約4分

市バス
31・65・204・206・北8号系統「高野」下車すぐ
31系統「一乗寺赤ノ宮町」下車すぐ
31系統「一乗寺高槻町」下車すぐ
31系統「一乗寺北大丸町」下車すぐ

駐車場 周辺に有料駐車場有

一乗寺ラーメンマップ

写真のご購入はこちら

あわせて回っておきたいおすすめスポット

松ヶ崎疏水

松ヶ崎疏水

松ヶ崎疏水(通称:疏水)は、高野川の西岸にある松ヶ崎浄水場と植物園の南の区間で、賀茂川と結ぶ白川疎水通りに沿い流れています。

京都府立植物園

京都府立植物園

京都府立植物園は日本で最初の公立植物園として、大正13年(1924年)に開園しました。場所は京都市左京区下鴨の賀茂川沿いに位置しています。

下鴨神社

下鴨神社

下鴨神社は正式名称を賀茂御祖神社と言います。ユネスコの世界文化遺産に登録されたことで知名度が上がりました。上賀茂神社(賀茂別雷神社)とともに、古代氏族・賀茂氏の氏神を祀る神社であると言われています。神社の南側は糺ノ森という原生林で、古木が立ち並んでいます。

adsense4