二条城 Nijo Catsle

二条城について

二条城は江戸時代に造営されたお城で、現在残っているものは徳川氏によって建てられたものです。徳川家康の将軍宣下にともなう賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われた、江戸時代の始まりと終わりの場所でもあります。

現在、二条城には一般的な日本のお城に見られるような天守閣は存在しませんが、江戸時代には5重5階の天守閣が存在していました。その天守閣は寛延3年(1750年)に落雷で焼失して以来再建されておらず、今では天守台のみが残されています。

観光地としての二条城は、二の丸御殿、本丸御殿、そして立派な日本庭園など、見応えがあり十分に楽しめます。また、約380本の桜が植えられており、桜の見頃の季節には夜間ライトアップも行われていますので要注目です。

なお、二条城には休城日があります。1月、7月、8月、12月の毎週火曜日 (祝日の場合は翌日),12月26日~1月4日はお休みですので、お越しの際にはご注意ください。

About Nijo Catsle

二条城66

Nijo Castle is a castle that was built in the Edo period, and the one that remains now is the one erected by Mr. Tokugawa. It is the beginning and end of the Edo period, with the celebratory ceremony of Ieyasu Tokugawa’s Shogun Senge, and the Yoshinobu Tokugawa of restoration rule of the Tokugawa Imperial.

Today, Nijo Castle does not have a castle tower that can be seen in a common Japan castles, but in the Edo period, there was a five-storey castle tower. The castle tower has not been rebuilt since it was destroyed by lightning in 1750, and now only the foundation of catsle is left.

As a tourist destination, Nijo Castle is worth seeing, including the Ninomaru Palace, the Castle Palace, and the splendid Japan garden. In addition, approximately 380 cherry blossoms are planted, and it is attention because the light up at nighttime is done in the season of the best time of the cherry blossoms.

The Nijo castle has regular holiday. Please note that every Tuesday in January, July, August, and December (If the day is a public holiday, the next day.), December 26-January 4 is a day off, so be careful when you come.

二条城の写真はこちら
Click here to enter into photo gallery.

詳細 Details

所在地 〒604-8301 京都府京都市中京区二条城町541番地
電話番号 TEL 075-841-0096
FAX 075-802-6181
入城料 一般600円、中学生・高校生350円、小学生200円
※各種減免あり。下記URLをご参照ください。
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/annai/index.html
例年の見頃

桜(400本)
3月下旬~4月中旬
※ライトアップ有

紅葉
11月中旬~12月上旬

交通アクセス

JR「京都駅」から
・地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」から地下鉄東西線に乗り換え「二条城前駅」下車
・市バス9・50・101系統「二条城前」下車

阪急 烏丸駅から
市バス12・101系統「二条城前」下車

阪急 大宮駅から
タクシー約5分

京阪 三条駅から
地下鉄東西線「三条京阪駅」に乗り換え「二条城前駅」下車

駐車場 あり(有料)
駐輪場 あり(有料)
サイトURL http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/

あわせて回っておきたいおすすめスポット Recommended spots to go together

神泉苑

神泉苑 Shinsenen

神泉苑は京都市中京区にある東寺真言宗のお寺です。二条城から二条通りを隔てた南側にあります。元は平安京大内裏に接して造営された天皇のための庭園でした。

Shinsenen is a temple of Toji Shingon in Nakagyo-ku, Kyoto. It is located on the south side of Nijo Street from Nijo Castle. The original was a garden for the emperor who was built adjacent to Heian-Kyo Daidairi.

京都御所

京都御所 Kyoto Imperial Palace

京都御所は近隣住民からは「御所」と呼ばれて親しまれています。ここは14世紀から明治初期まで、歴代天皇が暮らし、儀式・公務を執り行っていた場所です。

The Kyoto Imperial Palace is called "Gosho" by the neighboring residents and is popular. From the 14th century to the early Meiji period, this is the place where successive emperors lived, priest rituals and public service.

壬生寺

壬生寺 Mibu Temple

壬生寺は京都市中京区にある律宗大本山の仏教寺院です。融通念仏の円覚上人が創始したとされる「大念仏狂言」を伝える寺として、また新選組ゆかりの寺としても知られています。

Mibu Temple is a disciplinary Daihonzan Buddhist temple in Nakagyo-ku, Kyoto. Mibu Temple is known as a temple which conveys "Dainenbutsu Kyogen" that "Enkaku Jonin" of "Yuzu Nenbutsu" started, and it is also known as a temple with a history of Shinsengumi.

ブログ最新記事

  • 京都の料理の味付け
    投稿日:2019年11月16日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 京料理の味付けは薄味で、関東の方には頼りなく感じてしまうかも…

  • 地下鉄環状線が欲しいお話
    投稿日:2019年11月09日

    完全に地域の話題ではありますが、くらま天狗は京都市に地下鉄環状線が欲しいと常々思っております。地下鉄環状線とは具体的に…

  • 大阪に行かなくなった話
    投稿日:2019年11月02日

    くらま天狗はパソコン趣味ですので、若いころは休日におけいはん(京阪電車)に乗って、大阪は日本橋恵美須町のでんでんタウン…

  • うなぎの寝床
    投稿日:2019年10月26日

    くらま天狗の家も、建て替える前はいわゆる京町家風の古い家でした。 家の敷地も京都的な間口の狭い奥行きの長い形…

  • 寺社の撮影の時に気を付けること
    投稿日:2019年10月19日

    くらま天狗は、神社やお寺に写真を撮りに出かけます。 私の住む京都で、良さそうな被写体と呼べるものが神社やお寺だからと…