2019年9月

おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

「~どす」って言葉、使いますか?って質問が来そうですけど。現代京都人は「~どす」は一切使いません。「~どすえ」なんて芸者さん以外から聞いたことがありません。花街方面の人や呉服関係の人は、昔の京都の風情を演出する意味で「~どす」「~どすえ」を残しておられるのでしょう。

芸者さんに関しては、私はそういうお店に行ったことが無いので良く知らないのですが、テレビとかで見ている感じでは、主に他府県から来た学校を出たばっかりの女の子が、京都のことばを教え込まれて、徐々に芸者さんらしくなっていくような世界なのでしょうか。

その京ことばの中に「~どす・~どすえ」が入っているんですね。私の目から見ても芸者さんたちは語尾にいちいち「どすどす」言うんで違和感を覚えます。もし、私が日常会話の中で「~どす」とか使いだしたら笑われるでしょうね・・・。それぐらいの感覚です。
 

おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

「~さかい」「~さかいに」は、テレビの大阪局のドラマなんかで使っている人が多いので、京都人も普通に使っていると思っている人が多いと思いますが、私の世代では「~さかい」「~さかいに」を使いこなしている人は案外少ないです。標準語では「~から」に相当します。

【使用例】
京ことば→病院行ってきたさかい遅れてしもた
標準語→病院に行ってきたから遅れてしまった
 
京ことば→お父ちゃん帰ってきたさかいにはよ行っといで
標準語→お父さんが帰ってきたから早く行ってきなさい
 

私の父母の世代ではみんな「~さかい」を使っているのですが、私は学校の友達が「~さかい」を言わなかったので使わなかったのか・・・。うっすらとした記憶では、私は小学校の先生に教科書に書いてある「~から」か、両親が喋っている「~さかい」か、どっちを使えばいいか聞いたことがあって、その時先生はどっちでもいいと答えたのですが、書き言葉と喋り言葉の異なる「~さかい」よりも「~から」の方が使いやすいという理由で、それ以降「~から」ばっかり使うようになった覚えがあります。

でも、最近ではなぜか「~さかい」を使う人に憧れがあって、「~から」を「~さかい」に言い換えようと思うのですが、あまりにも「~から」が身に着いていて、咄嗟には「~さかい」は口から出てきません。

こんにちは、くらま天狗です。

「~してはる」「~ゆうてはる」という言い回しは関西ではよく使いますが、この発音も地域によって微妙に違います。私の周り(左京区)では、「~したはる」「~ゆうたはる」と言う時がほとんどです。

【使用例】
京ことば→勉強したはる
標準語→勉強されている
 
京ことば→はよせぇゆうたはる
標準語→早くしなさいと言っておられる
 

また、同じ「~したはる」でも地域によって発音の強弱が違って、京都では「~したはる」をフラットに発音しますが、滋賀県の人は「~したはる」のうち「した」の部分を高く、「はる」の部分を低く言います。

この「~はる」という言葉ですが、巷では簡易敬語と言われているそうですね。親しい間柄の目上の人がしていることを「~したはる」と言いますが、これが社外の人や学校の先生とかだと「~されている」「~されてる」という言い方になります。これが自分と同格や目下の人(友達とか)がしていることは「~してる」「~しとる」「~しとおる」になります。

要は自分と相手の関係によって厳密に言い方の使い分けをしているんですよね。だから、ペットや動物に「~したはる」と言うのは京都生まれのくらま天狗にも違和感があります。ペットに対する認識の違いなんでしょうかねぇ。