興正寺 Kosho Temple

興正寺の写真集 Kosho Temple gallery

▼サムネイル写真をクリックすると写真集が見れます。

▼サムネイル写真をタップすると写真集が見れます。

興正寺について About Kosho Temple

興正寺は親鸞が建暦2年(1212年)に山城国山城郷に創建したのが始まりと言われており、浄土真宗興正派の本山です。興正寺の寺号は日本に仏教を広めた聖徳太子の事績にちなんで「正しい法を興し栄えさす」という意味が込められています。興正寺の建築物の雰囲気は隣接する西本願寺に似ていますが別のお寺です。

観光地としての興正寺は、西本願寺の陰に隠れがちながらもなかなか立派な建物が並んでいますので、一見の価値があると思います。西本願寺を訪れる際にも一緒に寄って行きたいお寺ですね。参拝料は無料です。
 

興正寺9

Kosho Temple is said to have Shinran built in Yamashiro country Yamashirogo in 1212. The temple is the head of the Kosho sect of Shinshu. The temple name of Kosho temple has the meaning “to make the right law and prosper” in honor of achievement of Shotoku which spread Buddhism to Japan. The atmosphere of the building of the Kosho Temple is similar to the neighboring Nishi Hongan temple, but it is another temple.

The Kosho Temple as a tourist destination is hidden in the shadow of Nishi Hongan-ji temple, but I think that it is worth seeing because there is quite a splendid building in line. It is a temple which I want to go to when I visit the Nishi Hongan Temple. The visit fee is free.

詳細 Details

所在地 〒600-8261 京都府京都市下京区堀川通七条上る花園町70
電話番号 TEL 075-371-0075
FAX 075-371-8509
拝観料 無料(懇志)
例年の見頃
2月中旬~3月中旬
交通アクセス 市バス
9・28・75系統「七条堀川」「西本願寺前」下車すぐ
駐車場 自家用車数台 無料
サイトURL http://www.koshoji.or.jp/

あわせて回っておきたいおすすめスポット Recommended spots to go together

西本願寺(本願寺)

西本願寺(本願寺) Nishi Hongan-ji temple

西本願寺は単に本願寺とも言われており、浄土真宗本願寺派の本山です。西本願寺は通称で、正式名称は龍谷山本願寺となっています。

Nishi Hongan-ji temple is simply referred to as the Honganji temple, and is the Honzan of Jodo Shinshu Hongan-ji Temple sect. Nishi Honganji is a common name, the official name is Ryukoku mountain Hongan-ji.

東本願寺

東本願寺 Higashi Hongan-ji Temple

東本願寺は、浄土真宗大谷派の本山で、京都に多いいわゆる観光向けのお寺とは違い、信仰色の強いお寺です。

Higashi Hongan-ji temple is the head temple of the Jodo-Shin Otani sect, and is a temple with a strong faith color unlike the so-called sightseeing temples in Kyoto.

京都水族館

京都水族館 Kyoto Aquarium

京都水族館は七条梅小路公園内にある新しくできた話題の施設で、連日お子さんや学生さんたちで大変賑わっております。京都市には海がないので、海の生物と触れ合えるこの施設は貴重ですね。

The Kyoto Aquarium is a new topic in Hichijoumekoji Park, and it is very crowded with children and students every day. Because there is no sea in Kyoto City, this facility which can touch the living thing of the sea is valuable.