セアブラノ神 壬生本店 Seabura-no-kami Mibu main shop

お食事レポート Gourmet report

巷で評判のセアブラノ神に行ってきました。わが家からは遠くて、バスで片道1時間かかりました。店の名前がセアブラノ神というぐらいですから、当然背油チャッチャ系の油ギッシュなラーメンを想像して行きました。

I went to the Seabura-no-kami of the reputation in the street. The shop is far from my house, and it took one hour by bus. Because the name of the shop is the god of the back fat, I imagined the greasy ramen of the back oil finish system of course.

セアブラノ神壬生本店の外観

お店に到着、外観はこんな感じ。新しいお店のようです。お店を入ったところにある券売機で食券を購入します。とりあえず名物そうな背脂煮干しそばの味玉乗せを買いました。(850円)買った時は横に順番待ちの人が居たので良く見えませんでしたが、セット類やシメご飯もあったりして、メニューは結構豊富です。

I arrived at the shop. The appearance of the shop was like this. This is like a new shop. I bought a meal ticket at a ticket machine that was in the shop. For the time being, I bought a ticket for the back fat dried anchovy ramen with boiled egg on which looks like the specialty of this shop. (¥850) I did not see well because there was a person waiting for a turn sideways when I bought a ticket, but the menu is abundant because there is the set kind of and the rice to call it a night, too.

セアブラノ神壬生本店の券売機

12時前に入店しましたが、予想外にすぐに座れました。席はカウンター8席とテーブル1卓です。
麺は太麺と中細麺から選びます。今回は中細麺を頼んでみました。しばらくして運ばれてきたのがこのラーメン。絵的にもかなり食欲をそそりますね!

I entered the store before twelve o’clock, but I was able to sit down unexpectedly quickly. The seats are eight counters and one table. You can choose noodles from thick noodles and fine noodles. This time I ordered the fine noodles. This ramen was carried after a while. This ramen is quite appetizing to look at!

セアブラの神壬生本店のラーメン

まずはスープをひと口。煮干しの強い匂いがする・・・。しかし、黒七味と粉末柚子で味を整え、ラーメンに乗っている生赤玉ネギと合わせると、煮干し臭さは飛んでいきます!むしろ、煮干しと豚の背脂と醤油スープの組み合わせが絶妙。何とも言えない独特の美味しさを作り上げています。

2枚乗っているレアチャーシューと味玉も美味しく、ご飯のおかずとしてもピッタリです。麺は中細麺で普通に美味しいのですが、このスープなら太麺もありだったかもしれません。

スープは最後の一滴まで飲み干しました。ここでしか食べられない味として記憶に残るラーメン店でした。味も雰囲気も良いお店なので、これからもっと人気が出そうな気がします。また食べに来たいお店ですね。

First, I drank a mouthful of soup. The smell of dried anchovy is strong…. But if you mix with black shichimi and powdered yuzu and the raw red onions you are riding on top of the ramen, dried anchovies smell fade away! Rather, the combination of dried anchovy and pork back fat and soy source soup is exquisite. I make up a peculiar taste that I cannot say anything.

Two pieces of rare roast pork, and a boiled egg with taste are also delicious, and it is good as a side dish of the rice. The noodles are usually delicious with fine noodles, but for this soup the thick noodles might be good.

I drank the soup down to the last drop. It was a ramen shop memorable as a taste that can only be eaten here. Because the shop is good taste and atmosphere, I feel more popular from now on. It is the shop which I want to come to eat again.

筆者の採点・・・94点!!

詳細 Details

店名 セアブラノ神 壬生本店
所在地 〒604-8812 京都府京都市中京区壬生相合町25-4 デイスターアベニュー1F
交通アクセス ・阪急「四条大宮駅」下車、徒歩約6分
・市バス「大宮松原」バス停下車、徒歩約4分
営業時間 11:00~15:00
18:00~23:00
定休日 月曜(月曜祝日の場合は火曜定休日)
Facebook https://www.facebook.com/%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8E%E7%A5%9E-656233544389317/
Twitter https://twitter.com/itamaenakano?lang=ja

ブログ最新記事

  • 京都の料理の味付け
    投稿日:2019年11月16日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 京料理の味付けは薄味で、関東の方には頼りなく感じてしまうかも…

  • 地下鉄環状線が欲しいお話
    投稿日:2019年11月09日

    完全に地域の話題ではありますが、くらま天狗は京都市に地下鉄環状線が欲しいと常々思っております。地下鉄環状線とは具体的に…

  • 大阪に行かなくなった話
    投稿日:2019年11月02日

    くらま天狗はパソコン趣味ですので、若いころは休日におけいはん(京阪電車)に乗って、大阪は日本橋恵美須町のでんでんタウン…

  • うなぎの寝床
    投稿日:2019年10月26日

    くらま天狗の家も、建て替える前はいわゆる京町家風の古い家でした。 家の敷地も京都的な間口の狭い奥行きの長い形…

  • 寺社の撮影の時に気を付けること
    投稿日:2019年10月19日

    くらま天狗は、神社やお寺に写真を撮りに出かけます。 私の住む京都で、良さそうな被写体と呼べるものが神社やお寺だからと…