京都御所 Kyoto Imperial Palace

京都御所の写真集 Kyoto Imperial Palace gallery

京都御所について About Kyoto Imperial Palace

京都御所は近隣住民からは「御所」と呼ばれて親しまれています。ここは14世紀から明治初期まで、歴代天皇が暮らし、儀式・公務を執り行っていた場所です。現在でも建物等はそのままの形で残されています。明治以降は京都皇宮とも呼ばれています。

平安遷都の時の内裏は、いまの京都御所よりも西の千本通り沿いにありました。のちの南北朝時代の北朝側の内裏の所在地として今の場所に定着し、その後の南北朝統一後にこの場所が正式な皇居となりました。

京都御所を囲む京都御苑の敷地内には、梅や桜や松が各所に植樹されており、現在では市民や観光客に公園のように利用されております。京都御苑は散歩道としても適していますが、敷地全域が砂利敷きなのでサイクリングには不向きです。また、お花見の季節に訪れると、観光地としての趣も見せてくれる場所です。

京都御所内部は現在は通年で一般公開されていますので、観光の際には宮内や所蔵品を鑑賞することもできます。入館料は無料なので、現在おすすめな観光スポットと言えると思います。

The Kyoto Imperial Palace is called “Gosho” by the neighboring residents and is popular. From the 14th century to the early Meiji period, this is the place where successive emperors lived, priest rituals and public service. Even today, buildings are left intact. Since the Meiji era, it is also called Kyoto Palaces.

Imperial Palace at the time of Heian Capital was on Senbon Street in the west than Kyoto Imperial Palace today. It was settled in the today place as the location of the Imperial Palace in the North dynasty side in the later Nanbokucho age, and after the unification of the Southern dynasty and the North Dynasty, this place became a formal imperial palace.

The site of Kyoto Gyoen, which surrounds the Kyoto Imperial Palace, is planted in various places with plums, cherry blossoms and pine trees, and it is now used as a park for citizens and tourists. Kyoto Gyoen is suitable as a walk road, but it is not suitable for cycling because the entire area is gravel-paved. Also, when you visit the cherry blossom season, it is a place to show the atmosphere as a tourist destination.

The Kyoto Imperial Palace is now open to the public throughout the year, so you can watch the imperial household and the collection when you visit. The admission fee is free, so I think it’s a good spot to visit now.

詳細 Details

所在地 〒602-0881 京都府京都市上京区京都御苑3
電話番号 TEL 075-211-1215
入場料 無料
交通アクセス

地下鉄烏丸線
「今出川駅」下車、徒歩5分

市バス
「烏丸今出川」下車、徒歩5分

駐車場

清和院東駐車場(有料)
乗用車80台

中立売西駐車場(有料)
バス8台、乗用車120台

サイトURL http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/kyoto.html

あわせて回っておきたいおすすめスポット Recommended spots to go together

梨木神社 Nashinoki Shrine

梨木神社 Nashinoki Shrine

梨木神社は京都市上京区にある神社で、その歴史は三条家の邸宅跡に社殿を造営し、明治18年(1885年)に創建されたのが始まりです。

Nashinoki Shrine is a shrine in Kamigyo-ku, Kyoto. The beginning of it's history was built in 1885 in the ruins of the house of the Sanjo family.

上御霊神社 Kamigoryo Shrine

上御霊神社 Kamigoryo Shrine

こちらは市営地下鉄を鞍馬口駅で降りて東へ少し入ったところにあります。街中にあるにもかかわらず、その敷地内は都会のオアシスのような癒しの感覚があります。

It is in the place where the municipal subway is descended at Kuramaguchi station and it enters the east a little. Although it is located in the city, it has a sense of healing like an urban oasis.

下御霊神社 Shimogoryo Shrine

下御霊神社 Shimogoryo Shrine

下御霊神社は、平安時代に上御霊神社とともに建立されました。疫病災厄を退散し、朝廷と都を守る神社として崇敬されています。

Shimogoryo shrine was erected together with Kamigoryo shrine during the Heian period. It is revered as a shrine to protect the imperial court and the capital by fleeing the plague disaster.