三千院 Sanzenin

三千院について About Sanzenin

三千院は、京都市左京区大原にある天台宗のお寺です。三千院は延暦年間(782~806)に最澄が比叡山東堂に一院を開いたのが起源です。その後、平安後期以来、皇子皇族が住持する宮門跡となり、比叡山内から近江坂本、京都市中へと移動し現在に至ります。

大原へは、JR京都駅から直接京都バスが運行していますので、そちらを利用されるといいと思います。なお、三千院は紅葉などの観光シーズンになりますと、参道の細道が車で大変混雑しますので、お車でお越しの際は近隣の駐車場などに車を停めて、歩いて参拝されると良いかと思います。

三千院は参道から寺院からお庭まで、和式の風情のある光景があり美しいお寺です。また、近くには寂光院というお寺もありますので、足を伸ばしてこちらもあわせて拝観されるのもおすすめです。

Sanzenin is a temple of Tendai in Ohara, Sakyo-ku, Kyoto. The origin of Sanzenin is that Saicho opened one temple to Hieizanhigashido from 782 to 806. Since the late Heian period, Sanzenin became a Miaymonato where princes and royalty had served as the main monk, and it is now moving from inside Hiei mountain to Omi Sakamoto and Kyoto City.

Because Kyoto bus runs directly from JR Kyoto Station to Ohara, I think that it is good to use the Kyoto bus. In addition, in the tourist season such as the foliage, the alley of the approach is very crowded by car, and so when you come by car, I think whether it is good to park a car in a nearby parking lot, and to visit by walking.

Sanzenin is a beautiful temple with a Japanese-style spectacle from the approach to the temple and the garden. Also, because there is a temple called Jakkoin nearby, it is also recommended to be seen together here.

三千院の写真集 Sanzenin gallery

▼サムネイル写真をクリックすると写真集が見れます。

▼サムネイル写真をタップすると写真集が見れます。

詳細 Details

所在地 〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町540
電話番号 TEL 075-744-2531
拝観料

一般700円、中・高校生400円、小学生150円

障がい者割引

例年の見頃 桜(200本)
4月中旬
交通アクセス

京都バス
17・19系統「大原」バス停下車、徒歩約10分


名神高速「京都東IC」→湖西道路「真野IC」で下りて「途中」~「大原」方面へ

駐車場 なし、近隣の駐車場をご利用下さい。
サイトURL http://www.sanzenin.or.jp/

あわせて回っておきたいおすすめスポット Recommended spots to go together

寂光院

寂光院 Jakkoin

寂光院は天台宗の尼寺で、推古天皇2年(594年)に聖徳太子が父・用明天皇の菩提のために開創したと言われています。

Jakkoin is Tendai nunnery. It is said that Shotokutaishi was opened in 594 for the Bodhi of the Emperor Yomei who is his father.

貴船神社

貴船神社 Kifune Shrine

貴船神社(きふねじんじゃ)は古くから祈雨の神を祀っている神社で、水の神様として全国の料理・調理業や水を取り扱う商売の人々から信仰を集めています。

Kifune shrine is a shrine that has been praying for the god of rain for a long while, and is gathering faith from people in the business of dealing with cooking and water all over the country as God of water.

鞍馬寺

鞍馬寺 Kurama Temple

叡山電鉄鞍馬駅を降りると出迎えてくれるのが、この大きな鞍馬天狗です。鞍馬寺の入口である仁王門は、ここから少し参道を登ったところにあり、そこからはちょっとした山登り兼ハイキングコースになります。

It is this big Kurama tengu to greet us when getting off the Eiden Kurama station. Niomon that is the entrance of Kurama Temple exist in the place that climbing a little from here on road, from there it become a course of a little mountain climbing and hiking.