ウェブ技術

こんにちは、くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

本日はグーグルアクセス解析における、スマホからの閲覧数の割合について書いてみようと思います。なんか、グーグル・アナリティクスの画面をそのまま貼るのはNGだった気がするので、数字だけ拾ってみます。

弊社で運営しているサイト群の中から数字を拾ってみます。

サイトA

主にスマホからの利用を想定した情報サイト
モバイル率 70.46%

サイトB

スマホ・PCどちからも活用できる情報サイト
モバイル率 49.03%

サイトC

主にスマホからの利用を想定した情報サイト
モバイル率 56.55%

サイトD

主にPCからの利用を想定した情報サイト
モバイル率 54.44%

サイトE

スマホ・PCどちからも活用できるお店のサイト
モバイル率 66.67%

サイトF

スマホ・PCどちからも活用できる施設のサイト
モバイル率 47.62%

サイトG

主にPCからの利用を想定したお店のサイト
モバイル率 62.71%

サイトH

主にPCからの利用を想定した通販サイト
モバイル率 68.02%

以上のような結果となりました。
予想以上にスマホからの閲覧の割合が高くなっているのが分かりますね。2018年現在このような状況ですので、弊社のサイトは新規案件は基本的に全てスマホ表示に対応させています。このスマートフォン対応化(レスポンシブウェブデザイン)が、ウェブデザイナーとして悩ましくもあり面白くもある部分ですね。

もう少し本質的な話をしますと、ウェブサイトを設計する段階で、そのサイトがどんな場面で使われるかを想像して、その用途に応じたウェブデザインをすることが必要とされています。もし出先で多く使われるであろう内容なら、基本的に閲覧端末はスマホからが多数でしょうし、スマホを中心にデザインする必要があります。(モバイルファーストの概念)

まぁ、ここ数年で私が作ったサイトは全部スマホ対応させていますので、スマホ対応化は必須と考えておいて間違いはないと思います(^_^)

おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

本日はウェブデザインに関するお話をしてみます。

当サイトはページビュー数などは残念ながらまだまだ発展途上、、、なのですが、システム的には結構凝ったことをしています。ワードプレスを使用し、カスタム投稿タイプや内蔵ブログを搭載し、ギャラリーにはjQueryによるプラグインを使っていたりして。その他もろもろ、、、。

このサイトはどこまでも諦めずに追及していくつもりですので、どうぞ温かい目で見守ってください(^_^)

話を主題に戻しますが、今回は「アフォーダンス」のお話です。アフォーダンスという概念はウェブデザイン技能士検定を受験した時に勉強したのですが、例えて言うならウェブページ上にボタンの絵が描いてあったらそこは押せるように、水道の蛇口の絵があったら捻れるように、というように絵柄からどういったアクションを起こせるかをユーザーが直感的に判断できるようにデザインするという手法です。

当サイトですと、押せる画像(リンクが張られている)には影を付けて表示しています。押せる画像には影が付いているので、ユーザーはここはクリックしたら何か反応があるな、ということを直感的に理解できるようにデザインしています。(現在はデザイン変更しています。)また、リンクテキストには必ず下線を付けて、「ここがリンクですよ」ということを直感的に理解できるようにしています。(下線リンクについては、ユーザーは数多のウェブサイトで下線がハイパーリンクであることを理解していると考えます。)

ところが、最近のデザイントレンドにフラットデザイン、マテリアルデザインという物があります。リッチデザインにおける不要な装飾を廃しフラットなデザインを推奨する、ような話だと解釈していますが、これがアフォーダンスの概念と矛盾するのではないかと思うのですが、その辺は難しい話なので割愛。

くらま天狗はリッチデザイン主流の時代に育ったウェブデザイナーなので、いまだに凝った絵柄のデザインを好んでいます。ウェブデザインをする上でのこだわりですね。もちろん、クライアントがシンプルなデザインにして欲しいと望んだ場合にはシンプルな絵柄を描きますけども・・・。

おはようございます。くらま天狗です(^_^)

何を隠そう、私はMacユーザーです。MacbookAirの2012midモデルを使用しています。先だってmac OSを10.14.4 Mojaveにアップデートしたのですが、それ以来特定のアプリを起動する際に「”アプリケーション名称”はこのMac用に最適化されていません。」云々と警告表示が出るようになってしまいました。しかもこの警告、Mojaveでは30日に1度必ず表示されてしまうらしいのです。

困った私は、Googleでこの警告を消す方法を調べまくって、そこで出てきた方法を色々試しましたが、30日したらやっぱり警告が出る。あとで知りましたが、この方法実はHigh Sierraでしか効果が無いらしいんですよね。その方法とは、、、

ターミナルから

警告非表示

defaults write -g CSUIDisable32BitWarning -boolean TRUE

警告表示

defaults delete -g CSUIDisable32BitWarning

現在の設定を表示

defaults read -g CSUIDisable32BitWarning

これでは上手くいかなかったので、今度は下記のサイトを参考にOnyXという環境設定アプリで32bitアプリの警告表示をオフにする設定をしてみました。

https://applech2.com/archives/20190603-onyx-support-turn-off-32-bit-app-warning.html

しかし、30日後にはやはり警告が出る。これもターミナルから上記のコマンドを打つのと同じことをやってるだけだったのか・・・。

それで、下記URLの下の方に書いてある「Using a management profile」という項目を試してみました。

https://apple.stackexchange.com/questions/324139/how-to-suppress-alert-this-app-is-not-optimized-for-your-mac

ここに書かれているxml形式のソースコードをテキストエディットなどのテキストエディタにコピー&ペーストして、「Disable32BitApplicationWarning.mobileconfig」というファイル名で保存。そのファイルをダブルクリックすると、警告表示をオフに出来るみたいです。

※元のサイトが消えるといけないので、ソースコードもアップしておきます。

今度こそ、警告表示消えたかも?

※実験後、すでに30日を経過していますが、例の32bitアプリの警告ダイアログは出ませんので、これで解決かと思われます。

Mojaveの32bitアプリの警告表示に悩んでいる方は一度お試しあれ!

最新記事

  • ~はる
    投稿日:2019年09月14日

    こんにちは、くらま天狗です。 「~してはる」「~ゆうてはる」という言い回しは関西ではよく使いますが、この発音も地域によって微妙に違います。私の周り(左京…

  • ~え
    投稿日:2019年09月07日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 語尾に付ける「~え」、これは主に女言葉です。「~するえ」「堪忍え」などと使います。男が使うとちょっと…

  • ~やす・~よし
    投稿日:2019年08月31日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b   「~やす」はお耳にしたことがあると思います。近畿圏特有の助詞です。正直なところ、私の年代の人は「~…

  • ~なんだ
    投稿日:2019年08月24日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b   本日は京ことばについて思うところをお話しします。   例えば「~なんだ」という言い回しがありま…

  • 京ことばと関西弁の違い
    投稿日:2019年08月17日

    おはようございます、 くらま天狗です( ̄▽ ̄)b   京ことば(京都弁)と関西弁の違いについてですが、正直なところ私にも厳密には判別が付きません。なぜな…

  • くらま天狗式ダイエット法
    投稿日:2019年08月09日

    くらま天狗も中年になってきまして、いよいよ腹回りとか不味いことになってきました。でもでも、くらま天狗には以前から実践しているダイエット法があります。くらま天狗…

  • ウェブサイト全閲覧数に占めるスマホ率
    投稿日:2019年08月03日

    こんにちは、くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 本日はグーグルアクセス解析における、スマホからの閲覧数の割合について書いてみようと思います。なんか、グーグル・ア…

  • 押せるところを立体的に
    投稿日:2019年07月27日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 本日はウェブデザインに関するお話をしてみます。 当サイトはページビュー数などは残念ながらまだま…

  • 京都のスイーツについて
    投稿日:2019年07月20日

    こんにちは、くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 京都の甘味処と書きましたが、最近風に言いますと「京都のスイーツ」でしょうか。私は正直あまり甘いものは得意じゃない…

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集