京都の観光地

おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

毎年、夏に行われる「五山送り火」、うちは父が消防士だったので、現場に詰めていたそうですが、これって「大文字焼き」なのか「五山送り火」なのかいまだに分かりません。

五山送り火1

うちから大文字が見えることもあってか、子供の頃は完全に「大文字焼き」と呼んでいましたが、いまは「五山送り火」と呼ばないと怒る人が居るそうで・・・。一体どっちなんでしょうね。

「五山送り火」(ここではそう呼びます)は、高い建物の屋上階から観ると、一気にたくさんの山が見れておいしいです。以前は小学校の校舎とか近隣住民に開放したりしていて良かったのですが、最近はそういう事も減ったみたいですね。

あと、高層ホテルなんかでは五山送り火の眺めを独占しているみたいです。お金をたくさん払った人だけが宗教的意味合いのある五山送り火の眺望を独占できるというのは、資本主義の曲がった思想のような気がします。(私、政治にはあまり興味がないですが。。。)

2018年11月26日。

京都嵯峨は大覚寺まで、紅葉の写真を撮りに行ってきました。
実は大覚寺には以前同僚の人に頼んで写真を撮ってもらっていて、サイトにはそれを掲載していたのですが、いかんせん京都の西のほうの紅葉や桜の写真が物足りない気がしておりまして。そこで一念発起、紅葉の真っ盛りの季節に人混みに飛び込んで撮影してくることにしました。(ごめんよIさん、、、)

庭からして風情のある趣き。
中を見るのが楽しみになってきましたよ(^▽^)

大覚寺門前の写真

こちらが門構えです。
ここから中に進み、本堂に入ります。

大覚寺の門構えの写真

こちらのお寺は、嵯峨御所と呼ばれているだけあって、建物は立派で庭もよく整備されています。御所というのは天皇が住まわれる場所という意味ですから、それはもう京都で1番良い場所に1番立派な建物を建てた、と解釈していいと思っています。宮内庁御用達みたいな意味合いでしょうか。(ちょっと違うか)
 

 
途中で何やらお坊さんにお香の粉を左手に乗せて頂きまして、これを手にまぶしてくださいと言われました。香木の香りがするお香でした。そして勅封心経殿(ちょくふうしんぎょうでん)という名のお堂へ。くらま天狗もお参りをしてきました。

勅封心経殿の写真

そして大沢池(おおさわのいけ)へ。
日本最古の林泉らしいです。紅葉と嵯峨菊で彩られていました。

大沢池の写真

御所ですから、菊花紋章のこんな場所もあります。
決まってますよね。

菊花紋章のある写真

さらにサクサクと進んでいくと、嵯峨菊展をやっていました。
これは普通の菊とは品種が違うみたいで、花の形が少し変わっています。こんなところに展示される菊の職人の方々はさぞかし名誉に思われるのでしょうねぇ。

嵯峨菊展

ひと通り見た感想としては、大覚寺は紅葉だけを売りにしたお寺ではなさそうな印象でした。嵯峨御所と呼ばれるように、過去に天皇が住まわれた場所であり、皇室の御意向次第では現在でも住めるような立派な家屋敷でもあると思いました。

まぁ、見て回って気付いたのは、皇室ファンと思しきご年配の女性陣が多かったこと。それとは反比例して外国人観光客がほとんど居なかったことですね。

帰りのバスが嵐山渡月橋を通ったのですが、山の斜面に紅葉がたくさん赤や黄色に色付いていて、そのまだら模様が実に美しかったです。くらま天狗はバスの中で、左の手のひらに残ったお香のにおいを嗅いでいましたとさ・・・。

前回からの続きです。

2018年11月23日。

松尾大社に参拝し、その足で南方へ約1km程度歩いたところにある月読神社にも足を延ばしました。月読神社は月読の名前のとおり、ご祭神は日本神話に出てくるツクヨミノミコト(月読尊)。聖徳太子社もあるとのことです。また、安産祈願にご利益がある神社さんとのことです。

月読神社の概要

神社の門前には児童公園がありまして、神社はお子達の声で賑やかです。

境内からの市街の眺め

境内はというと、こんな感じになっています。シンプルな、、、というか特に何もない神社のようです。

月読神社境内の様子

せっかく来たので何か写真を撮っておこうと、薪なんかを撮ってみましたよ。

積まれた薪

あとから調べたらもっと色々な物が安置されているみたいでしたが、参拝した時は足が疲れていて周りをよく見る余裕がありませんでした。

この辺は家々も大きいですし、住環境良さそうだなと思いました。街の見晴らしがいいのもマルですね。ただし、紅葉は、、、期待しない方がいいですハイ。

ということで、松尾大社と月読神社で消化不良を起こしたくらま天狗は、今季の紅葉のシメにもう一カ所、会社の同僚2名が勧めてくれる「大覚寺」に行くことにしましたよ(^▽^)

最新記事

  • ~さかい・~さかいに
    投稿日:2019年09月21日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 「~さかい」「~さかいに」は、テレビの大阪局のドラマなんかで使っている人が多いので、京都人も普通に使…

  • ~はる
    投稿日:2019年09月14日

    こんにちは、くらま天狗です。 「~してはる」「~ゆうてはる」という言い回しは関西ではよく使いますが、この発音も地域によって微妙に違います。私の周り(左京…

  • ~え
    投稿日:2019年09月07日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 語尾に付ける「~え」、これは主に女言葉です。「~するえ」「堪忍え」などと使います。男が使うとちょっと…

  • ~やす・~よし
    投稿日:2019年08月31日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b   「~やす」はお耳にしたことがあると思います。近畿圏特有の助詞です。正直なところ、私の年代の人は「~…

  • ~なんだ
    投稿日:2019年08月24日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b   本日は京ことばについて思うところをお話しします。   例えば「~なんだ」という言い回しがありま…

  • 京ことばと関西弁の違い
    投稿日:2019年08月17日

    おはようございます、 くらま天狗です( ̄▽ ̄)b   京ことば(京都弁)と関西弁の違いについてですが、正直なところ私にも厳密には判別が付きません。なぜな…

  • くらま天狗式ダイエット法
    投稿日:2019年08月09日

    くらま天狗も中年になってきまして、いよいよ腹回りとか不味いことになってきました。でもでも、くらま天狗には以前から実践しているダイエット法があります。くらま天狗…

  • ウェブサイト全閲覧数に占めるスマホ率
    投稿日:2019年08月03日

    こんにちは、くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 本日はグーグルアクセス解析における、スマホからの閲覧数の割合について書いてみようと思います。なんか、グーグル・ア…

  • 押せるところを立体的に
    投稿日:2019年07月27日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 本日はウェブデザインに関するお話をしてみます。 当サイトはページビュー数などは残念ながらまだま…

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集