靴職人の小部屋

皆さんどうもこんにちは、短靴を履いた猫です。

今回も靴に関するお話です。靴といっても編上げ(レースアップ)やファスナー式、スリッポンなど足を靴に入れる形や方法は様々ですが、今回は「靴紐の通し方」についてお話したいと思います。

ひとつひとつ分けて書いてしまうと、情報が錯綜してしまいそうなので・・・笑
とりあえずは箇条書きにしてみます。

  • シングル・・・フォーマルタイプな靴に多い、またフォーマルな場での通し方。
  • パラレル・・・こちらもフォーマルな通し方ですが、ドレッシーな場面で活躍。
  • アンダーラップ・・・スニーカーによく見られる通し方ですが、カジュアルな革靴にももちろん相性は良いです。締まりが良く、ギュッと足をホールドしてくれるという特徴があります。
  • オーバーラップ・・・やや締まりが緩みやすいという欠点と表裏一体で、簡単に着脱できるといった日本人向けの靴紐の通し方かもしれません。

シングル

スタンダードでありながら、意外とこの通し方をご存じの方は少ないかも知れません。紳士靴売り場ではデフォルトでこの通し方をしてる場合もございますが、お店によってまちまちです。参考図はスニーカーですが「表面に来る靴紐が真横に直線」であることが、フォーマルな場面に適しているといわれています。
 
シングルの靴紐の図

シングルの靴紐の写真

パラレル

こちらもフォーマル靴のスタンダード、しかし覚えるまでが少しややこしい(?)かもしれません。こちらもやはり表面にくる靴紐が横一線になっており、フォーマルな場面向けであります。あと、メリットとして靴の羽根を持ってガバっと一気に足入れ口を広げやすいというのもあります。
 
パラレルの靴紐の図

※リーガルコーポレーションより引用

アンダーラップ

こちらはカジュアルな革靴やブーツ、スニーカーによく見られる紐の通し方です。穴に対して下から紐を通していきます。そうすると靴紐が横一線では無く、クロスする形となります。パッと見で靴紐がクロスしていたらアンダーラップもしくはオーバーラップです。土足文化では無い日本、そのビジネス社会においてはそこまで厳しく指摘されることは少ないかと思いますが、靴紐がクロスする【アンダー・オーバー】はビジネスシーンにおいてはやや不適切な場合もあります(ケースバイケースですが)
 
アンダーラップの靴紐の写真1

アンダーラップの靴紐の写真2

オーバーラップ

アンダーラップとは逆に穴に対して靴紐を上から通す方法です。パッと見オーバーラップとアンダーラップは見分けが付きにくいですが、クロスしている紐が上に向かっているか。下に向かっているか(ニュアンスで伝わりにくいかもしれませんが…)で見分けることも可能です。
 
オーバーラップの靴紐の写真1

オーバーラップの靴紐の写真2

さて、ザックリとでしたが、今回は「靴紐の通し方・その種類」についてお話致しました。
ご存じの方も、そうでない方も最後まで拝読頂きありがとうございました( ´∀`)

皆さんこんにちは、短靴を履いた猫です。

前回は靴の丈に関する記事を書かせて頂きました、そして今日は靴の「飾り」と「羽根」についてお話し出来たらと思います。

靴の飾り

靴の飾り」と聞いて、え?何の事?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、実はコレビジネスマナーにも関わる密かに大切な知識です。とは言え、日本国内においてはそこまで重要視されていませんが、ちょっとウィットな豆知識として読んで頂けますと幸いです。

では早速ですが、TOPのこの写真の靴、皆さんから見て「飾り」はあると思いますか?

正解は…「微妙に有り」です。笑

基本的には爪先(トゥ)の部分で判断するので、その点で言えばこの靴は「飾り無し(プレーン)」なのですが、踵(かかと)部を見てもらえる小さな穴が規則的に空いていますね!これを「穴飾り」と呼びます。

穴飾りは「メダリオン」と呼ばれ、アッパー(甲革)に施される飾りのひとつです。

※アッパー、バンプ、…その他の用語に関してはまた次回触れたいと思います。

靴の穴飾り

メダリオンを含む靴の「装飾」はカジュアルな使い方に向いた靴に用いられる技法です。つまりは、逆にシンプルであればある程フォーマルな場面に適しています。(※諸説ありますが一般的なお話です)
 

そしてもうひとつ、飾りとは別に「羽根」によってもカジュアルかフォーマルに分類される事が多いです。

これは簡単に分けると2種類、「外羽根(ブラッチャー)」と「内羽根(バルモラル・もしくはオックスフォード)」と呼ばれます。(※上記は通称で、国により名称は異なります)

これも深く掘り下げれば、歴史のお話になってしまいますので割愛させて頂きます。笑

そして言葉では説明が難しいので下の写真をご参照ください。

外羽根と内羽根の説明図

羽根というのは文字通り、紐が通る部分の形や仕様の事を指します。
外羽根は羽根の動きが大きく足の出し入れ(脱ぎ履き)がしやすいのが特徴的です。
対して内羽根は羽根の動きが小さい為、脱ぎ履きしにくいですがスマートな外観から高級な靴や、中でもフォーマルな場面での使用が多い印象です。

脱ぎ履きもしやすく装飾との相性がいい「外羽根」はカジュアルな場面、スマートな外観・シンプルな構成の「内羽根」はどちらかといえばフォーマル・冠婚葬祭で使われます。

実際、日本のビジネスマンがどんな靴を履いているか、と聞かれると正直なところそこまでカッチリ規則に則って履いてらっしゃる方は少ないかと思われます。せいぜい色味の指定があるかないか、ぐらいではないでしょうか。

そして先ほどからキーワードとして出ている「脱ぎ履き」なのですが、やはりここは日本と海外の違い・考え方にもよって好みが分かれます。

基本的に海外はもともとの靴の歴史も深く、加えて土足文化である為、そこまで「脱ぎ履き」には拘りをもちません。その分「足入れ」「フィッティング」にはとにかく拘ります。

と、また語り始めるとキリがありませんので、今回はここまでにしておきます!笑

いかがでしたでしょうか、さらに靴への興味を持って頂けていれば幸いです。

今回は革靴の「飾り」と「羽根」について書かせて頂きました。

では、また次回もよろしくお願い致します ( ´∀`)ノ

どうも、皆さんこんにちは「短靴を履いた猫」です。

さて、突然ですが「短靴(たんぐつ・たんか)」という言葉を耳にされた事はありますか?
靴好きの人を除いて、あまりこういった呼び方はされないのですが「短靴」というのは文字通り「短い靴=トップラインがくるぶしより下の丈の靴」を指します。

英語でいう「shoes」は、一般的に「靴」と訳されますが、厳密に言うとshoesは「短靴」の事を意味します。

黒い革靴

では、ブーツと呼ばれる靴は…そうです、「長靴(ちょうか・ながぐつ)」と呼ばれます。
とりわけそのなかでも丈の長さによって「半長靴(はんちょうか)」とよばれるのが、おそらく皆さんが想像する所謂ブーツにあたります。ちょうど「くるぶし」と「膝」の中間ぐらいの長さに相当します。ここには厳密に丈の長さが~cmといった決まりはないのですが、用途によっておおよその長さが決まります。

黒いブーツ

ここでは主に「革靴」での表現・名称ですので、スニーカーであればくるぶしを覆う丈を「ハイカット」と呼んだり、革靴では「チャッカ丈」と表現されることもあります。

茶色の革靴

今回は主に靴の丈による呼び方・名称について触れましたが、靴の世界は奥が深いです。
日本は土足文化では無いが故に、靴に関しては「脱ぎ履きが楽」「履き心地」「柔らかさ」などに目がいきがちですが、掘り下げていくと外国の文化、なぜこの形の靴は生まれたのか…など、貴方も靴の魅力に惹きこまれていくでしょう…、惹かれてくださいお願いします ( ´∀`)笑

なぜなら【素敵な靴は素敵な場所へ連れて行ってくれる】のですから。

それではまた、次回の記事でお会いしましょう。
ご閲覧いただきましてありがとうございました。

最新記事

  • 最近のラーメン事情
    投稿日:2019年07月13日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b ラーメンが大好きで、ラーメンサイトまで興してしまった私ですが、最近の京都のラーメン事情について書いて…

  • MacOS Mojaveで32-bitアプリを起動する際に30日に1度表示される警告をオフにする設定
    投稿日:2019年07月10日

    おはようございます。くらま天狗です(^_^) 何を隠そう、私はMacユーザーです。MacbookAirの2012midモデルを使用しています。先だってm…

  • 食文化の流入
    投稿日:2019年07月06日

    こんにちは、くらま天狗です。 うどんか蕎麦か、私は断然蕎麦派です。 関西は出汁文化と言われ、蕎麦よりもうどんが主流と言われますが、近年蕎麦…

  • ○○さんの○○
    投稿日:2019年06月29日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b ○○さんに入る文字は、例えば一保堂さん。 後ろの○○さんに入る文字は、例えば緑茶。 京都には…

  • 京都式商売
    投稿日:2019年06月22日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 他府県から来られた観光客の方が違和感を感じられるのが、いわゆる「京都式商売」。京都の商売人はペコペコ…

  • 大文字焼き?五山送り火?
    投稿日:2019年06月15日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 毎年、夏に行われる「五山送り火」、うちは父が消防士だったので、現場に詰めていたそうですが、これって「…

  • 京都人の京都知らず
    投稿日:2019年06月08日

    こんにちは、くらま天狗です。 「京都人の京都知らず」と言います。 私も学生のころ人から言われました。その頃は金閣寺にも行ったことなかったですし、お寺や…

  • どんな人がウェブデザイナーに向いているか
    投稿日:2019年06月01日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b くらま天狗は以前ウェブデザイナー科の職業訓練の講師をしていた経験があります。色んな生徒さんがいました…

  • WordPressか?MovableTypeか?
    投稿日:2019年05月25日

    おはようございます! くらま天狗です( ̄▽ ̄)b 今更感のあるこのタイトル。最近Webデザインを始めた人は、MovableTypeってなに?って感じだ…

コンテンツ

京都の観光地特集京都のラーメン特集