2019年4月

平安神宮の写真

明治28年、平安遷都1100年の年に、明治維新によって衰退を見せた京都の再興をこころざして平安神宮は創建されました。平安神宮は平安京遷都当時の大内裏を実物の5/8の規模で復元したもので、実際に平安京の大内裏があったのは現在の千本丸太町と言われています。

さて、平安神宮のご利益ですが、戦後平安神宮での神前婚が流行り、数多くのカップルがここで結ばれたことから、縁結びの神様として知られています。

また、平安神宮では「京都五社巡り」が人気。下記の五つの神社を巡ると、開運招福、厄除け、商売繁盛、縁結び、学業成就のご利益を倍増できると言われています。

ではその五つの神社とは・・・
京都は風水上の地相として「四神」の存在に相応しいとされる、四神相応の地と言われています。

四神獣のイラスト

以下の五社はその四神の地にある神社として五社巡りの対象とされています。

 1. 北の玄武「上賀茂神社」
上賀茂神社
 2. 東の蒼龍「八坂神社」
八坂神社
 3. 西の白虎「松尾大社」
松尾大社
 4. 南の朱雀「城南宮」
城南宮
 5. 中央を守護する「平安神宮」
平安神宮

平安神宮の主なご利益

  • 縁結び
  • 開運招福
  • 厄除け
  • 商売繁盛
  • 学業成就

平安神宮

おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

本日はシシンの活動内容についてご説明します。

「就労支援センターししん」では、障害者就労継続支援A型障害者就労継続支援B型の事業を行っています。

主な作業内容

就労継続支援A型

  • 障がい者向け情報サイトの制作。「障害者手帳で行こう!~全国版~」「障がい者就労支援情報~全国版~」「バリアフリー情報~全国版~」「京都観光ネット」などの調査入力作業。
  • 通販サイト「シシンで買おう!」の運営。お客様とのメールでのやり取り、商品の梱包、発送作業。

A型さんの作業光景

就労継続支援B型

  • 施設内軽作業。食品袋詰め、箱折り、紙袋折り、ぬいぐるみ検品、パソコン作業。
  • 健康麻雀サロン「ひまつぶし」の接客対応。(お茶、コーヒーの提供、片付け、清掃)

B型さんの作業光景

「就労支援センターししん」では、現在B型事業所のメンバーを募集しています。ヤル気のある人はB型からA型への移行もあるかも?詳しくはホームページかお電話で!

こんにちは、くらま天狗です。

本日は「シシン」の語源について解説します。

シシンとは

シシンの語源「四神」とは、中国神話に登場する、世界の四方向を守る聖獣「四神獣」のことです。
東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武といい、それぞれ川、海、道、山などに対応しています。
この4頭が揃う土地は風水で理想的な地形配置とされ、四神相応といいます。

私たち一般社団法人シシンが存在する京都市の原型である平安京は、東に川(賀茂川、高野川、鴨川)があり、南に海(小椋池)、西に大きな道(朱雀大路・現在の千本通り)があって、北にたくさんの山(北山)というように、この四神相応にあたるのです。

一般社団法人シシンでは、このように四神相応な立地の京都市から全国へ、障害者や高齢者への支援の輪を広げていく活動を行っていきます。

このようにちょっと聞き慣れない言葉かと思いますが、弊社で取り扱っているパワーストーンブレスの四神球からヒントを得て名付けた名称かと思います。多分。。。