2019年3月

皆さんどうもこんにちは、短靴を履いた猫です。

今回も靴に関するお話です。靴といっても編上げ(レースアップ)やファスナー式、スリッポンなど足を靴に入れる形や方法は様々ですが、今回は「靴紐の通し方」についてお話したいと思います。

ひとつひとつ分けて書いてしまうと、情報が錯綜してしまいそうなので・・・笑
とりあえずは箇条書きにしてみます。

  • シングル・・・フォーマルタイプな靴に多い、またフォーマルな場での通し方。
  • パラレル・・・こちらもフォーマルな通し方ですが、ドレッシーな場面で活躍。
  • アンダーラップ・・・スニーカーによく見られる通し方ですが、カジュアルな革靴にももちろん相性は良いです。締まりが良く、ギュッと足をホールドしてくれるという特徴があります。
  • オーバーラップ・・・やや締まりが緩みやすいという欠点と表裏一体で、簡単に着脱できるといった日本人向けの靴紐の通し方かもしれません。

シングル

スタンダードでありながら、意外とこの通し方をご存じの方は少ないかも知れません。紳士靴売り場ではデフォルトでこの通し方をしてる場合もございますが、お店によってまちまちです。参考図はスニーカーですが「表面に来る靴紐が真横に直線」であることが、フォーマルな場面に適しているといわれています。
 
シングルの靴紐の図

シングルの靴紐の写真

パラレル

こちらもフォーマル靴のスタンダード、しかし覚えるまでが少しややこしい(?)かもしれません。こちらもやはり表面にくる靴紐が横一線になっており、フォーマルな場面向けであります。あと、メリットとして靴の羽根を持ってガバっと一気に足入れ口を広げやすいというのもあります。
 
パラレルの靴紐の図

※リーガルコーポレーションより引用

アンダーラップ

こちらはカジュアルな革靴やブーツ、スニーカーによく見られる紐の通し方です。穴に対して下から紐を通していきます。そうすると靴紐が横一線では無く、クロスする形となります。パッと見で靴紐がクロスしていたらアンダーラップもしくはオーバーラップです。土足文化では無い日本、そのビジネス社会においてはそこまで厳しく指摘されることは少ないかと思いますが、靴紐がクロスする【アンダー・オーバー】はビジネスシーンにおいてはやや不適切な場合もあります(ケースバイケースですが)
 
アンダーラップの靴紐の写真1

アンダーラップの靴紐の写真2

オーバーラップ

アンダーラップとは逆に穴に対して靴紐を上から通す方法です。パッと見オーバーラップとアンダーラップは見分けが付きにくいですが、クロスしている紐が上に向かっているか。下に向かっているか(ニュアンスで伝わりにくいかもしれませんが…)で見分けることも可能です。
 
オーバーラップの靴紐の写真1

オーバーラップの靴紐の写真2

さて、ザックリとでしたが、今回は「靴紐の通し方・その種類」についてお話致しました。
ご存じの方も、そうでない方も最後まで拝読頂きありがとうございました( ´∀`)

皆さんどうもこんにちは、短靴を履いた猫です。

今日は「京都カフェ巡り編」です。

今回ご紹介するのは京都市内、四条河原町に在る「timepiece cafe」です。四条河原町というと京都の中でも一番賑わいのある繁華街ですが、このカフェは直接的に通りには面しておらず、ビルの中の奥まったところにある所謂「隠れ家的なカフェ」です。

店内は北欧系のインテリアでまとまった非常に落ち着いたお洒落な雰囲気です。

timepiece cafe入口

timepiece cafe内装

timepiece cafeテーブルとソファ

(内観写真 HPより引用)

このお店は何度か訪れた事がありますが、お客様層としては女性同士、もしくはカップル、比較的若い方が利用されているように思います。ですが、隠れ家的な要素店内の落ち着いた雰囲気も相まってか、静かにゆっくりと時間が流れる空間です。

お洒落さだけでなく、しっかりとした作りのソファーなどが居心地の良さを倍増させてくれます。込み具合にもよりますが、ちょっと本を読んだり、書きものをしたり、自分だけの時間を持ちたい方にはとてもいいカフェです。

そして、私が注文させて頂いたのは「あまから肉味噌丼ランチ」、プラス100円で大盛りにもしてもらえます。結構量は食べる方ですが、大盛りで十分にお腹は満たされました ( ´∀`)笑

その他にもパスタメニューやカレーなど、メニューとしては充実しています。
中でも数量限定の「ふわとろ卵と炙りチーズの特性オムライス」は女性にはたまらないランチメニューではないでしょうか( ´ⅴ`)

あまから肉味噌丼ランチ

あまから肉味噌丼ランチ

timepiece cafeのコーヒー

食後のコーヒー

ランチの注文時にセットドリンクやミニデザートも選べますので、食事を堪能した後はドリンクやスイーツをいただきながら更にゆったりとした時間を過ごせます。

2時間程滞在しましたが、すごく心の落ち着く時間でした。

ランチタイム以外にも、ティータイム、ディナータイムも用意されていますので京都で隠れ家的なカフェをお探しの方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回は四条河原町にあるtimepiece cafeの紹介でした。
 

timepiece cafe

  • 所在地: 京都市下京区御旅町19池善ビル3F、4F
  • TEL: 075-221-6226
  • 定休日: 不定休
  • 営業時間: 11:30~23:00(L.O.22:00)
  • URL: http://timepiececafe.jp/

おはようございます!
くらま天狗です( ̄▽ ̄)b

私の学生時代に思っていた各大学のイメージを元に独断と偏見で書いてみます。(第4回目より続く)現状とは違っているかも知れません。(内容に問題があれば、コメントを頂くか、問合せフォームより連絡下さい。)

ノートルダム女子大

ノートルダム女子大学

  • 箱入りのお嬢様学校のイメージ。男女が並んで歩いている場面を見たことがない。(校則で禁止されてる?)
  • 化粧や服装は派手な子が多い。
  • 偏差値は低そう。
  • 通称ダム女。

池坊短期大学

池坊短期大学

  • お金持ちのお嬢様学校のイメージ。
  • 今どき学校でお茶と生け花なんてちょっと、と思ってしまうが。

大谷大学

大谷大学

  • 名前からは仏教関係のイメージがあるが、卒業生を見ている分にはそんな感じでもない。
  • 北大路バスターミナル出てすぐの立地が良い。

佛教大学

佛教大学

  • 名前が仏教だけど、学生さんとか見てると宗教にハマってる風でもない。
  • 昔は誰でも入れるイメージだったけど、最近は偏差値を上げてる?学生さんは頭が良さそうでもないけど、比較的真面目なイメージ。

京都学園大

京都学園大学

  • 最近できた学校。ゆえに偏差値レベル低い。
  • 日本電産の名物社長が買い取った。名称も京都先端科学大学に変えて今後は難化していくのではないか。
  • 生徒はチャラい人が多い印象。

~完~

※若干荒れそうな予感がしますが、くらま天狗の持っている各大学への正直な印象を書き連ねてみました。各所で学生さんと実際に接してきた印象を元に書いているので、空想やフィクションではないです。