2018年11月

今年の紅葉の撮影も二箇所目、今回は南禅寺に行ってきました。

南禅寺にはずっと前に一度訪れたことがあって、その時の写真を10枚ほど載せていたのですが、枚数も少ないですし撮り直しをしたいと思っていたのです。それで再訪することにしました。

南禅寺の参道

南禅寺参道の様子

京都市営地下鉄蹴上駅より徒歩10分ほどでしょうか。南禅寺の参道に到着しました。この日は平日ではありましたが、紅葉の時期ということでかなりの人混みです。周りからちょくちょく中国語がよく聞こえてきて、やはり中国人観光客が多いんだなと実感します。

肝心の紅葉は、事前にMKタクシーさんのホームページなどで調べてから行ったので、時期的に間違いはありません。キレイに色付いています!

南禅寺の三門の様子

南禅寺三門の様子

境内に入ってしばらく進むと見えてきますのが三門と呼ばれる門構えです。写真でも見えると思いますが、この三門はお金を払えば上の階に登ることができるんですね。(私は登りませんけど)

紅葉の写真をパシャパシャ撮りながら奥に進みます。ただし、当サイトのような寺社を主題にした写真を撮る場合、あくまでも建物が主役になりますので、「紅葉に飾られた建物」を撮ることを意識して撮影をしています。

赤レンガの水道橋

南禅寺水路閣

そしてさらに奥に進みますと、右手に見えてくるのが赤レンガの水道橋。(南禅寺水路閣と呼ぶらしい)確か明治期に作られたと記憶していますが、なかなかに絵になる建造物。たくさんの人が群がって記念撮影をしているので、人物のいない写真は撮れなかったのですが・・・。

方丈庭園を眺める人々

方丈庭園を眺める人々

続いて方丈庭園に向かいます。南禅寺はこの枯山水のお庭が有名なんですよね。お庭の前の通路で佇んでいる人たちもいました。私もここでしばし休憩をとりました。心が洗われるような気がしますね。こちらには他にも大小さまざまなお庭がありましたので、じっくり眺めてから帰途につきました。南禅寺なかなかの見応えでした。

帰り道もインクラインを通ったのですが、線路上で着物を着た女性が記念撮影をしていました。お願いして写真を撮らせてもらえば良かったのですが、くらま天狗そんな度胸がありませんでした(笑)

休日に思い立ちまして、京都出町にある出町ふたばさんにお餅を買いに行ってきました。

出町ふたばといえば豆餅が超有名ですが、今回は秋だからということもあり、くらま天狗好物の栗餅を食べようと思いました。出町近辺は近年バイクや自転車の駐輪にもずいぶんうるさくなったので、私はバスに乗ってお店に向かいました。

葵橋からの眺め

葵橋からの眺め

道の途中、賀茂川葵橋からの眺めです。
紅葉が色付き始めて、そろそろ見ごろを迎えそうです。

店の前の行列の様子

店の前の行列の様子

店に到着しましたが、写真のような様子。客はジグザグに並んでおりますが、ざっと数えてみたところ、50人ぐらいは並んでいます。平日なのに恐るべしっ!客層はおばさまおじさまが多い印象。土日になると若い人も増えるんじゃないでしょうか。

栗餅栗餅っと。おっと230円もしてる!
ちょっと高いけど美味しそう・・・。ここは覚悟を決めて、栗餅を家族3人分購入して帰途につきました。

包装の様子

包装の様子

容器に入った栗餅3個

栗餅3個買いました

家に着いたら緑茶を添えてさっそく頂きます(^▽^)

栗餅と緑茶

栗餅と緑茶

食べてみると、栗は2片入っていました。丸々栗1個分か1個半か。たっぷり入っていて満足。さすがはお値段なりの上質さです。また、栗の味には砂糖で付けたような甘さは一切なく、丹波栗本来のサツマイモのような素朴な味がします。そもそも丹波栗というと一種の京都ブランドでもありますし、地元民でも滅多に口にできるものではありません。

餡はこしあん。上品な甘さに仕上げてあります。くらま天狗はどちらかと言えばつぶあんの方が好きですが、このこしあんなら食べれるかも。

餅も餅屋さんの餅だけに、外れはありません。つきたてのお餅らしいお味でした。

完食です。家族3人美味しくいただきました。
ちょっとした贅沢でしたが、たまに食べるくらいバチは当たらないですよね(^_^;)

先日、叔母夫婦が拝観に行ってきたらしい曼殊院門跡。「良かったよ~♪」という土産話を聞いて、私も興味がわいてきました。一乗寺にあるらしいこのお寺。私の家からも遠くないし意外と穴場かも知れません。

事前に地図で位置を調べてからスクーターに乗って向かいましたが、、、道に迷ってしまいました・・・(^_^;)
途中別の神社の入口に行ったりしながら何とか辿り着きました。う~ん、紅葉はまだだったか。事前の下調べが足りなかったかな?でも、今回は新しく購入したデジカメの練習として撮りに来たので良しとしておきます。

曼殊院門跡2

スクーターは駐車場の隅っこに停めておきました。拝観中は駐車無料だそうです。車と違って駐輪事情に関してはどこのお寺も明記していないので、停めるのにお金が要るんじゃないかとハラハラします。

拝観料は一般600円(障害者300円)。相場かとは思いますが安くはないですね。真っ赤な紅葉を見せてもらわないとちょっと割が合わない感じかも・・・。

建物に入るといきなり館内撮影禁止の看板。う~ん、渋いなぁ。

曼殊院門跡4

許されているお庭の撮影をしながら進みます。お庭はとにかく綺麗です。一乗寺の山際の場所にあるので、空気も澄んでいてとても気持ちのいい空間でした。

曼殊院門跡17

ただ、せっかくの庭園を眺める廊下に、結構年季の入った赤じゅうたんが敷かれていて、誰も座って庭園を眺めている人がいないのには若干の違和感を感じました。

やっぱりこの残念な感じは、紅葉の時期を逃したからなんでしょうかねぇ。カメラマンとしては被写体が物足りない感じでした。

今回デジカメのお試し撮影としては、フルオートの設定で撮っていたため、オートフォーカスの設定が思ったように出来ていなかったのが失敗点でした。

でも、家に帰ってからそのことをネットで調べたら設定方法を見付けることが出来たので、次回からはもっと良い写真が撮れそうな気がしてきました。そのことだけでも今回の収穫だったと思います。

次回はもっと紅葉真っ盛りの時期に撮影に出かけたいと思っております( ̄▽ ̄)v